プーチン、シャプカのF1ソチGP

ソチ五輪の跡地、オリンピック・パークのストリート・サーキットでの2回目のF1ソチGP。
結果は、ルイス・ハミルトンが今季9勝目。ニコ・ロズベルグのリタイアしたことでフェラーリとの差を広げられず、メルセデスのコンストラクターズ・タイトルは一旦お預け。

1 44 ルイス・ハミルトン  メルセデス
2  5 セバスチャン・ベッテル  フェラーリ
3 11 セルジオ・ペレス  フォース・インディア

最終ラップで3位を争っていたバルテリ・ボッタスとキミ・ライコネンが接触。バルテリ・ボッタスはリタイアとなった。この接触は審議にかけられているため、ライコネンにペナルティが下されるとメルセデスのタイトルが確定(のはず)。
来年のソチGPはナイト・レースという話もあるようだ。

レース後にはプーチンが表彰台にも登場。3人がレーシング・キャップの代わりに特製シャプカを被っているのはさすがにロシア。
一次はサーキット運営会社が破たんして政府が資金提供をして凌いだ。
独裁政権ならではの強引さだが、プーチンは絶対ブレずにやり遂げる。この強さが国内で絶大な人気の秘密だろうが、ソチ五輪、F1と続き民主的な国ではなかなかこうはいかない。

f1-2015-sochi-01 f1-2015-sochi-02 f1-2015-sochi-03

f1-2015-sochi-04  f1-2015-sochi-05  f1-2015-sochi-06

f1-2015-sochi-07 f1-2015-sochi-08 f1-2015-sochi-09

f1-2015-sochi-10 f1-2015-sochi-11 f1-2015-sochi-12

f1-2015-sochi-13

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: スポーツ, 祭り・イベント, 海外 タグ: , , , , , パーマリンク