国歌あれこれ

録画して時間が無く見られなかったラグビーを見ていて、試合前の国歌斉唱について一人の社員さんから『日本の国歌は重厚な感じ』と言われ、ニヤニヤ。
ラグビーの国際試合は他のスポーツに比べて国歌斉唱が大体行われ、選手もほとんどが声を出して歌っている。
以前の日本ではサッカーなどで歌う選手が少なかったが、今はAマッチの場合はほとんどの選手が声を出して歌っている。(口パクもいるが)
確かにスポーツでしか国歌を聴く機会はほとんどないが各国の国歌を聴くとやはり日本のは落ち着いた印象はあるかもしれない。
見ていたフランスvsルーマニアのゲームでも試合前に両国選手はしっかり歌っていた。

フランス国歌はよく知られているように『ラ・マルセイエーズ』で、日本語訳などはおそらく放送コードに触れるのではないかというくらいに残酷な歌詞も含まれている。
“血まみれの旗が掲げられた”とか”我らの子と妻の喉を掻き切る!”とか”昔のような奴隷に戻そうと!”といった内容で、かつての植民地からの移民などが果たして進んで歌うだろうかと思うくらいのものだ。
2002年だったか、サッカーの対アルジェリア(旧植民地)戦でフランス国歌斉唱中にブーイングが起き、列席していたシラク大統領が怒って帰った事件があり、その後、公共の場でラ・マルセイエーズを冒涜したときには7,500ユーロ(約100万円)が課せられるという法律が出来たが実際に適用された事例は聞いたことがない。ただ、現在のフランスのサッカーの国際試合では国歌斉唱・吹奏中にホイッスルやブブゼラなどが吹かれると没収試合になるくらい厳しい。

最近、不祥事で揺れているFIFAの重鎮プラティニは現役時代決して国歌を歌わなかったが、理由は『あれは戦争の歌で、スポーツには相応しくない』というものだった。
フランスでは移民も多くなり国歌を歌えない国民が増えてきたせいか、10年程前にフランスでは小学校で国歌を教えることが法律で決まり、いかにも自国の文化に誇りを持つフランスらしい話だと感じた。
今回の大会で筆者が密かに優勝ではないかと予想しているのは(ニュージーランドではなく)アルゼンチンだが、アルゼンチンの国歌は世界的には一番長い曲(真偽は知らない)とされ、約5分のためスポーツの試合での国歌斉唱時は短縮版(約1分半)が使われる。今回の試合でもその短縮版だった。(歌い始めまでが何しろ長い)

国歌に関してはおそらく本が一冊かけるくらい各国様々なエピソードがあり、曲自体もCDなども出ているくらいだが、歌詞の無いスペイン国歌(ん?)や一番短い国歌はヨルダンだとか、イギリスの『女王陛下万歳』(God Save the Queen)のメロディはかつてイギリス連邦諸国だけでなくスイス、ドイツ帝国、ロシア帝国、アメリカ合衆国でも使われていたことがあるだとか・・・。イギリスなどはそのうち『女王陛下万歳』ではなく『国王陛下万歳』(God Save the King)になるのだろう。
スイスでは現在の国歌『スイス賛歌』が讃美歌みたいで士気が上がらないと不評で約20か月かけて民間でコンテストを行い応募200曲あまりの中から9月12日に1曲に決まったが、なんと現在の曲に歌詞を追加したものだった。これが国会で承認されるかどうかや得意の国民投票になるかどうかは未定だそうだ。

ヨルダン国歌は曲の長さが最短だが、歌詞の文字数では日本の国歌が最短とされている。その日本の『君が代』は知られているように『古今和歌集』の短歌の一つで正式に国歌になったのは1999年。重厚でゆったりしていて欧州各国の血なまぐさい歌詞も無く、平和ボケもやむを得ないかと思うくらい平和な歌だと思うが、メロディはやたらとが多く、レとラの無い琉球音階(ペンタトニック・スケール)が身についている古い沖縄の人は歌いにくいと聞いたことがあるが冗談かもしれない。そういえば、日本はリズムとして五七五七七が多いが琉球民謡は八八八六で違うこともある。普天間移転問題も妙な展開になってきたようだが、やはり琉球人は外国人として扱う感覚(琉球人からしたら日本人が外国人)がどこかに必要なのかもしれない。

個人的な好みでは、歌詞は別としてフィンランド国歌(我等の地:エストニアも同じメロディ)とイスラエル国歌(希望)は歌詞、メロディともに平和で心地よく感じ、イスラエル国歌はどことなく昭和の演歌のように聞こえないでもない。
日本ではかつて国旗、国歌でいろいろな議論があり、今でも左巻きは国歌に不満なのだろうが、あまり難しく考えずに様々なスポーツの国際試合ではできるだけ沢山『君が代』が流れてくれたら嬉しいではないか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 祭り・イベント, 国政・国会, 教育・学校, 海外 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

国歌あれこれ への2件のフィードバック

  1. blogファンその1 より:

    昔、「なんか元気の出ない感じ」とdisった総理大臣がいましたね。

    ここのblogの野々村彩乃独唱のこれ見た時はちょっと鳥肌でした。

    • argusakita より:

      ああ、いましたね。今、何やってるんでしょうね、お遍路ですか?

      国旗国歌法に反対した議員というのは辞めるまでどこかに晒しておくべきだろうと思います。

      ところで、普通の日本人なら国歌をソラで歌えるのは国民として当たり前だと思いますよね。ところが、ウチの社員さん(9か国、11人+私)で聞いてみたら、それぞれの国歌を全部(1番だけでも)歌えるのは私を含めて4人しかいませんでした。まあ、長い歌詞のところもありますから無理もないですが。

      国民の大多数がソラで歌える日本は案外少数派というか珍しい国になるのかもしれません。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中