NHKのBSワールドニュース

日本に戻った時はニュースは大体BSかCSで見ている。
地上波のニュースはNHKも民放もワイドショー的な要素が強すぎ、現場からの中継や録画などもレポーターが自分で書いた記事とも思えない内容で、誰がどんな意図で書いているのかが不明で、どこかバイアスがかかったものを感じるため、できるだけフラットな事実だけ知りたい場合には地上波のニュースは余計なものが多すぎる。(まあ、メディアに中立を求めても仕方がないことだが)


レポーターも少しくらい噛んでもいいから臨場感のある映像やレポートを届けたらいいものだが、原稿を正確に読むことに汲々としている印象で自分で話してることを理解しているかどうか疑わしいものもある。
民放ではBSで夜やっている討論中心の生放送くらいしか見るべきものは無いと言っても過言ではない。

そのNHK BS1のワールドニュースの提携先(?)というか各国のメディアの選び方に以前からどこかしっくりこないものを感じている。これは左右のイデオロギーの問題や海外生活経験があるかどうかで違ったものになるのかもしれないが、筆者の感覚ではこんな感じである。(独断と偏見)

■イギリス BBC 公共放送
自国も含めて全体的に辛口だが、日本に対しては辛口というよりも反日に近いメディア。HPを見てもわかるようにイギリスにとってアジアとは支那とインドのことである。
NHKにとってはドキュメンタリー番組の購入先として重宝しているのだろう。
BBCニュースをTVで見るよりもBBCのHPを見ているほうがはるかに有用だ。

■フランス France 2(3,4,5とともにフランス・テレヴィジオン:政府100%出資企業の傘下) 公共放送
左翼政権の代表的メディアでここを見ていればフランスの社会主義的偽善や武器輸出国としての姿がよくわかる。
筆者はフランスという国が好きか嫌いかと言われれば嫌いだと答えるほうだが、ニュースの解説などでも仏メディア全般に自国文化が最高だと思っている臭さが鼻に付くのが嫌いである。自爆テロをカミカゼ(発音はカミカズかな)と呼ぶあたりは他国の文化や歴史に対するrespectを感じない。そのくせ自分たちの歴史的な所業やその結果(特に中東問題)に対してきちんとコミットしているかどうかを問わないといういい加減さに蓋をして、何かあればフランス革命以来のデモだの行進だので連帯を誇示し偽善的な態度が当たり前の国で、メディアもそれをよく反映していると感じる。

■スペイン TVE(テレビシオン・エスパニョーラ、略称テー・ウベ・エー)
かつては民間でCMもあったが現在は政府からの助成金のみで運営。カタルーニャ独立問題ではややカタルーニャに肩入れしている雰囲気がある。
ジブラルタル問題をイギリスとの間で抱えている点や経済問題における南欧の代表的開き直りスタンスとして興味深いが、日本にいる日本人にTVEを視聴する需要があるだろうか?
ワールドニュースの最初が何故TVEなのか全く理解できない。

■アメリカ ABC
NHKとフジテレビが提携先のはずだが、BBCとセットものと考えても良いくらい、BBCを扱う国ではABCも扱うといった感じか。
NBCやFOXニュースのほうが個人的にはおもしろいのだが、NHKではCNNヘッドラインニュース(CNNで最もつまらないプログラム)とABCだけで日本が良くも悪くも最も緊密な関係である必要のあるアメリカのニュースソースとしては全く不足である。

■南朝鮮 KBS 公共放送
南朝鮮の放送としては民放のMBCやSBSに比較して毒が無いキー局だが、竹島のライブ映像を24時間ネットで流す(これ、誰が見るのだろう?)など日本人の感情を逆なでにすることをしている。こういうメディアがスペインTVEに続いて流されるのはやはりどこかNHKが朝鮮化されているものを感じる。南朝鮮の国内問題など日本に一体何の関係があるのか。隣国だが、どうでも良い国である。

■ドイツ ZDF(ARDと同様に公共放送)
ZDFのニュースはほとんどWebで見られる。NHKで使っているのはZDFheuteであり、ここで動画が見られる。
日本からの中継やレポートなどはほとんど無く、もっぱら北京からばかりなところが、いかにドイツと支那が緊密であるかがよくわかり、日本に関しても支那風バイアスが強いことがよくわかる。
NHKはARDも週に1回使っているが、似たようなものだ。

■支那 CCTV 国営放送
世界中に様々な言語で配信しているCCTVだが、このチャンネルの多さと発信力は世界一だろう。支那共産党の『喉舌』(宣伝機関)であるこのCCTVの日本支局は渋谷のNHK放送センター内にあり、支那共産党の情報統制にNHKは肩入れしているのだ。
支那共産党に多少辛口の香港のATV(亜洲電視)は残念ながら2016年4月に放送終了するが、事件や事故以外の香港や台湾のニュース・話題を取り上げないNHKはまさにCCTVの出先と化している。

TPPはまだ当分発効しそうにないが、ニュージーランドで発表されたTPPのドキュメントを全部読む気にはなかなかならない膨大な量だ。
TPP参加12カ国のうちNHKが定時ニュースを届けるのはアメリカだけである。時々オーストラリアABC(公共放送)も入るが、何か大きなニュースがあるときだけである。
確かにブルネイやペルーのニュースを毎日見ても日本に関わるニュースは大したものは無いだろうが、今後は貿易・通商に関しても参加国全般についてその社会(食べ物や習慣なども)について日本でも皆が何となく知っておくべきことが増えてくるはずだ。ニュースで流れる現在の街並みを見るだけでも有用なはずだ。(もし1920年代にTVが普通にあってマンハッタンの摩天楼を日本人が皆知っていたら、絶対にそんな国と戦争しようなどとは誰も思わなかったのではないか?)

TPPについて日本のメディア(関税の話題しか無い)のバイアスがかかった報道ばかりを見て鵜呑みにするのではなく、カナダやニュージーランドやメキシコやシンガポールやマレーシアのニュースなどを眺めていれば何かビジネスでのヒントを得ることもあるかもしれない。
少なくともスペインや南朝鮮のニュースがワールドニュースのトップに置かれ、時間的にもBBCやABCと同程度というのは非常に面妖である。

NHKは解体、再編すべき、あるいはもう一つ公共放送を作るべきである。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 迷惑な隣国, 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

NHKのBSワールドニュース への2件のフィードバック

  1. hoco より:

    >日本に戻った時はニュースは大体BSかCSで見ている。
    私も、秋田県内ニュース以外はBSですね。
    (県内ニュースも結構偏った報道してますけど仕方ないですね)
    20時 BSフジのプライムニュース
    22時 BSニュース 日経プラス10
     0時 WBS(秋田ではテレ東が観られないので、BSジャパンで1時間遅れで観ます)
    ってな感じです。バラエティ番組を見たい場合はテレ朝の「報道ステーション」をよく観ます(笑)

    > NHKは解体、再編すべき、あるいはもう一つ公共放送を作るべきである。
     とりあえず、観ない世帯には受信料を請求せずスクランブルかけて欲しいです
     緊急事態の時だけスクランブルを外し放送する程度で充分だと思います。

    • argusakita より:

      hocoさん、こんにちは。ちょっとタグを修正しておきました。

      秋田のニュースってNHKも民放も全部『秋田県によりますと・・・』『秋田市によりますと・・・』ばかりで記者は記者クラブに出入りできれば誰でも良さそうです。ラジオもそうです。
      報ステはどこかやけっぱちになって左巻き全開になっちゃいましたね(^^)。

      スクランブルも一つのテですが、公共放送でエンタメも含めるならNHKには競争相手が必要だと思います。
      国会中継、気象・災害情報、スポーツ中継以外は公共放送には不要でしょう。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中