イルミネーションから見た秋田市

昨日午後秋田に戻って驚き。秋田市は12月も中旬過ぎというにも関わらず雪が全くないばかりか道路が乾いている状態。寒さも下手すると10月下旬か11月くらいの弱さ。ありがたい異常気象(スキー場と除雪業者以外は)だろうとは思うが、秋田の自然はこういう場合はいつかドカッと雪が降り帳尻を合わせてくるだろうという経験的な疑いを持たざるを得ない。スタッドレスタイヤが少々もったいないなと(^^)。
夜、ある物が必要になり開いている店を探しがてら珍しく市内をドライブ。山王の交差点で開いた口が塞がらないくらいの光景に遭遇。


2015akiginHQ秋田県で3社(2社かな?)ある上場企業しかも東証一部上場である秋田銀行本店前のイルミネーション。写真は運転の合間のためブレブレだが、何だこのウサギとセンスの全くない田舎臭いイルミネーションは!?
※幼稚園児が作ったのなら以下は的外れかも・・・。
秋銀のHPによれば、このイルミネーションは『「あったか家族」をコンセプトとして、当行LINEキャラクター「みみより一家」が仲良くかまくらで団欒している様子をイメージしたものです。子育て世帯を応援し「暖かな家庭を築いていただきたい」との願いを込めたものです。』だそうだが、
・ミッフィーの劣化したようなキャラクター(耳が折れてる)
・少子化を象徴するような一人っ子(安倍政権の目標は1.8なのだから2匹くらいは欲しい)
・意味不明の惑星のような球体(取って付けたような・・・)

青色LEDの普及以来、この手のイルミネーションはどこでも流行りだが、輝度の高いLEDイルミネーションでは、あまり多種類の色を使うとケバケバしく特に青を多用すると本来青色の持つ『興奮を押さえ、気持ちを落ち着かせる』といった効果を通り越して不安、冷酷、悲しみ、寂しさといったネガティブイメージを引き出してしまう。

このイルミネーションを秋田の人がどう感じているか興味深いが、筆者には残念ながら称賛する感覚は全く無く、これを設置(許可)した秋銀トップや、これを放って置く市民・県民とは美的感覚が全然違うらしい。
金貸しとはいえ上場企業で地元企業などを応援する社会的責任が地銀にはあると思うが、そのためにはわずか年末の数週間くらいは、何か秋田で将来の『夢』や『可能性』を感じさせるようなイルミネーション、デコレーションに金をかけてもバチは当たらないはずだ。
それもかかわらずこんな田舎臭く貧乏臭い色も形もセンス皆無のものを見せつけられたら、例えば筆者が新進のベンチャー企業なら、こんなセンスの無い銀行には将来を見通すような目利きもいないし、夢を一緒に実現するようなバンカーなど絶対にいないだろうなと判断して口座も作らないだろう。
秋田を代表すべき東証一部上場の地銀がこれである。要するに、もはやそんな余裕はありませんと世間に静かに訴えているだけか?

そういえば、最近はクラウドファンディングの仲介などを手掛け、本来銀行の持つべき新規事業に対する独自判断と融資(の能力と実力)を自ら放棄したのかと思うような状態だし、秋田市内に広がる無数の駐車場は相続に絡むものだろうが、これに象徴されるように地方の年寄りからの相続が首都圏などにいる相続人に移ると同時に資産が地銀から都市銀行に移る現象は秋田に限らないため秋銀も御多聞に漏れず預金なども先細りが見込まれているのだろう。

小学校の時に見学に行った確実に40年以上経つだろう本店もそのまま、目の前の向かい合う十字路の3つはどこも空き地同然で、それを黙って何十年も放っておくような地銀ではダメだろうなと昔から感じていて、子供達の学校からの無理矢理指定(あの慣習はおかしいだろう)口座以外作ったことは無く、仕事でも付き合ったことは無いが正解だったと思う。
そのうちBIS基準が変わって県や市町村の公債なども従来のように簡単に引き受けられないようになれば、地銀は何の存在価値があるのかとさえ思う。
同じような問題はどこの地銀も抱えているため、いずれ各地の地銀は統合・廃業に追い込まれることが既定路線と言われ、今は消える順番が取り沙汰されているだけである。
秋銀(と木内)こそ衰退する秋田の象徴とも言えるが、一方ではメガバンクは(朝鮮大好き)みずほ銀行だけという秋田の状況(法人は三菱UFJもあるが)は果たしてそれでいいのかなと他人事ながら少々心配ではある。まあ、当事者たちが一番よく知っているのだろう。

2015akitaJRsta
イルミネーション、他にどこかあるかとドライブを続け、秋田駅前に。ここもセンスの無さに眩暈がする。どうしてこう田舎臭いものを堂々とやれるのか不思議である。
筆者は東京ミレナリオや神戸ルミナリエのような莫大な金をかけてやるものと比較しているのではない。仮に資金があっても、このセンスでは大勢の人が集まるような空間を作ることは不可能と感じる。どうやら秋田にはイルミネーション・デザイン専門家や専門企業が不在のようだ。逆に言えばそういう業者にとっては格好のチャンスの場だとも言える。
エリアなかいちのイルミネーションは昨年のシンプルなほうが奇麗だったと感じた。
2015selionセリオンならば、何かやってるかと期待して土崎まで車を走らせたが、この通り。
大げさに言えば、こういうのを平気でやってしまう感覚とそれを受容してしまう感覚の両方即ち文化水準のようなものが低いということに尽きるのか・・・。無論クリスマス自体、日本に文化的・宗教的背景や伝統があるわけではないためやむを得ない部分もあるのだが。
予想外に驚いたのが、セリオンの反対側の
(名前だけ凄い)ベイ・パラダイス裏の有名な蕎麦・うどんの伝説的自動販売機のすぐそばの一段高くなったポケットパーク(かな?)。

2015BP02 2015BP01

当然ながら、デザインセンスや色合いは好みだろうから評価は書かないが、ペットボトルまで使って気合の入った力作だと感じさせてくれることは確かだ。
個人が作ったのか企業や団体が作ったのかも知らないが、ちょっと元気な人がいることを発見して少し安堵した。(ほら、金じゃないんだよ)

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 社会・経済, 祭り・イベント タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

イルミネーションから見た秋田市 への8件のフィードバック

  1. 一市民 より:

    またまたキツいことを…。(笑)
    でも、あのLEDウサギを見た時に私も確かにそう思いました。
    それをまたもてはやすかのような地元メディアのバカみたいな取り上げ方。もう、いろんなものを誰か何とかしてくれぇって感じです。

    秋田駅前のLEDのほうは、雪がドサッと降ったら奇麗かなと一瞬思いましたが、秋田の湿った雪だときっとLEDにもモッサリ積もって、野戦病院のようになるだろうと思います。
    こんなに雪の無い乾いた路面のクリスマス前も珍しいですが、土曜の夜に明かりがあっても蛾のように集まらないんですよね、秋田の人は。
    みんな暖かい御所野のイオンにいるのかな?

    • ググってみたら、むつみ造園さんが飾り付けしているようですね。
      秋田銀行本店イルミネーション2015

      県内のむつみ不動産からおそらく派生した造園業者だと思います。県外の業者に発注すればもう少しまともになったかもしれませんが、地元業者を優先したものと思います。決して癒着などでは無いはず。そう思いたい。


      link修正しておきました。
      Argus

      • argusakita より:

        銀行も造園業者も民間同士の話ですから癒着というのは当たらないと思いますが、10年やっててこれですか・・・と突っ込んでみたい(^^)。
        道の駅てんのうもここらしいですが依頼する人がいること自体に再度驚きです。

        • 確かに10年も続ければ、田舎館村の田んぼアートみたいにもっとすごいものが作れるはずです。でもステージとかデパートの電飾を含めた装飾を扱っているところに頼むのならまだ理解できますが、庭師に頼んでいる段階でしょぼいものになるのはしかたがないことに思えます。

          道の駅も行政が絡んでいそうだから、銀行に勧められれば飛びつくでしょうね。全くの想像ですけど。

  2. アトム より:

    よくぞご指摘してくださいました。
    新聞やらローカルTVで取り上げられ、滅茶苦茶恥ずかしいものの会社が決めたことなので文句も言えず。
    中は王様の耳、裸の王様—。
    あとは察してください。

    • argusakita より:

      おっと、もしかして”中の人”かな?
      まあ、それはどうでもいいですが、秋田の代表企業としてのプライドを持って頑張ってくださいというエール込めて私流の落書きで書いただけですので。

      やっぱり評判良くないんだなぁ、きっと・・・。

  3. ブルーベリー より:

    秋田の地銀や農協などは、天下り、バックマージンなどの賄賂を凄まじく取るので、
    最低限の仕事しか出来ないんだと思います。

    仮に実力がある企業があっても、コネとカネがないと採用されません。
    「関係」が築けていれば、やっつけ仕事でも仕事は切られません。
    それらを含めて秋田の文化と言えるでしょう。

    「秋田を感じさせる」イルミネーションなのでこれでいいのではないでしょうか?
    「腐った味噌汁」を、華やかに飾ったところで無意味ですし。

  4. 通りすがり より:

    自専道通って山王の交差点にボンと出た時に目に入る場所で秋田市でも数少ない何らかのPRには一等地ともいうべきあの場所にあのイルミネーションはまさに「がっかりポン」や。

    流行りの半纏でとりあえず何かLEDというならまだしも、10年も続けてやってるなら秋田の人だって今年はどんなのだろうとちょっと楽しみにする部分もあるでしょうに。

    企業イメージって大きいと思うんですよね、特に製造業でもサービス業でもない金融関連は。ショボいもの出したら、ああ内情もショボくなってきたんだなって普通は判断しますよ。
    株価見ている人はもっと何かを見ているんだと思いますが。

    さっさとあんなの片づけたほうが企業イメージにはプラスだと思いますがねぇ。

コメントは受け付けていません。