政党Podemos(ポデモス)とSEALDs(シールズ)という学生サークル

今、欧州はアサイラムの大量流入でEUの基本的な思想・精神が破壊され、その存立自体が危うい事態になっている。ボーダーレスを目指し、5億人のマーケットが出来たはずだったが、結局は国家間の格差は歴然として存在し、再び物理的な国境を設けて『国家』を主張し始めている。17世紀のウェストファリア条約からやり直しかな?


ロシア・プーチンの強気も影響しているが、欧州懐疑主義はいろいろな形で顕在化し、右または極右(例えばPEGIDA)が台頭しつつある半面、結構まともな左、社会民主主義も注目されつつある。
もともと欧州は戦後、ほとんどの国が左派寄りの政権になっているが、『大きな政府』に限界が出始め、欧州統合も実は各国の国民にとってはあまり意味が無いことに気がついたようだ。EUを最大限利用したのはドイツ、フランス、イギリス(の金融機関と多国籍企業)くらいで他のEU各国にとってはメリットよりもデメリットが多いことに気が付き始めたようだ。
(十分に予測されていたはずなのだが・・・)

まともな左、社会民主主義の代表格はスペインのPodemos(ポデモス:英語的にはWe Can)という政党だろう。
img_0_mパブロ・イグレシアスという37歳のイケメンで1960年代のヒッピーを彷彿とさせる風貌の欧州議会議員(以前はマドリード・コンプルテンセ大学の政治学教授)が党首のPodemosは2014年1月に結党され、結党から20日間で10万人以上の党員を集めて一躍注目を集めた。現在は30万人程の党員と党友を抱え、スペインでは国民党(PP)に次いで2番目に多くの党員を持つ政党である。
Podemosは、政治思想として左翼大衆主義、反体制主義、欧州懐疑主義を挙げていて、運動のツールとしてFacebookやYouTubeを最大限利用しているのが今風な特徴だろうか。

現在のPodemosの主な主張は、スペイン経済の再生とそれに伴う国家主権の見直しが主な柱で、全国民へのベーシックインカム(BI)による貧困削減と社会的尊厳尊重、ロビー活動の制限や大企業や多国籍企業のための租税回避対策、中小企業の振興といった具合に(日本も含めた)世界の先進国で問題に正面から向き合っている。
これに伴って、リスボン条約(欧州連合の基本条約を修正する条約)の改正や廃止、自由貿易協定からの撤退、憲法の主要な条文すべてを修正するための国民投票の推進などを挙げている。他にもエネルギー問題、農業に関するものも掲げていて、政策が非常に具体的である。
この背景は、やはりEUというマーケットで得をしたドイツ、フランス、イギリスに対するアンチテーゼが込められていることだろう。
徐々に明らかになって来たギリシャ危機の構造があまりにも酷く、次はイタリアかスペインかという国民的な危機意識が強いのも一因だろう。
ギリシャの場合は元々EUに参加する時点でギリシャがいい加減な財政状態を隠していたことが根源だが、それを知っていながらドイツ、フランス、イギリスの金融機関がギリシャに金を貸し、リーマンショック以降の経済低迷で事実上破綻した。結局、財政危機に陥ったギリシャの救済をIMF、ECB、ECのトロイカがあらゆる歳出削減を条件に行ったわけだが、結局はトロイカが救済したのはドイツ、フランス、イギリスの金融機関であって、ギリシャには莫大な負債だけが国民にツケとして残ったのである。
これと同じ図式がスペインで起こりかねないことが国民的な危機意識に繋がったのであるが、スペインの場合は国債と同時に住宅ローンの問題が大きく、ちょうどアメリカのサブプライム問題と同様の状態になっている。
Podemosが多くの党員を集め、その主張が受け入れられたのは、そういった背景をうまく説明し、具体的な対策を主張したからであると筆者は感じる。住宅ローン問題や社会保障削減の問題は国民には身近でわかりやすいからだ。(無論、カタルーニャ独立問題も一因としてある)
ecd9d19040f7c08ced6419e90022cac2さて、日本のSEALDs(シールズ)だが、そのHPのトップページには、
『自由で民主的な日本を守るための、学生による緊急アクションです』とある。
日本の民主主義を守る、立憲主義を守る、生活保障、平和外交のためにリベラル勢力の結集を呼び掛けているが、現政権の批判はいいとして、では何故現政権はそのような方向を目指し、手法を取るかについての考察が不足あるいは皆無だ。少なくとも世界の安全保障の現状や南シナ海、東シナ海、竹島、北方領土について現状認識が無さそうだ。
就職難、ワーキングプア、格差拡大といった現象は安倍政権でなくとも起きているし、それがボーダーレス、グローバリズムという思想に基づいた世界の先進国の現在の流れであることについて認識が不足しているのではないか?
批判すべきは、政権ではなく例えばその政権を支えている大企業や多国籍企業なのである。
腐れ左翼が世界市民を標榜しボ-ダーレスを求めるのと同じように、関税撤廃、自由なヒト・モノ・カネの流れが欲しい大企業・多国籍企業もボーダーレスを求めていることに気付いていないようだ。
こんな抽象的で具体性の無い思慮不足の学生たちの単なる現状に対する不満にまともな左派勢力が集まるわけがない。
安保法制に反対するよりも、今や大学生の半分が奨学金という名の学資ローンを使わないと大学に行けない現状は何故なのか、どうしたら良いのかを訴えたらどうなのだ。そちらのほうが必要な緊急アクションではないのか?
全国的にアホォな学生達が安保法制に反対する危機感の具体的な根源は一体何だ?
学部が1つか2つみたいな名ばかりの大学でモラトリアムを享受している連中の集まりに世間が何かを期待するほど世の中甘くはない。

SEALDsは自らを政党とは言わず、独自の政党を作ることもせず、施策を具体的に示すことも無く、ただ自分たちの現状に対する不満を喚き、そのくせそれを解決する(してくれる)政党を支持するなどと他力本願な生意気なことを言っているが、いかにも不勉強な学生たちの集まりのようにしか見えない。自ら施策を出さずにどうやってシンパを獲得できるのか。LINEとノリだけでは学生サークルだろう。社会のムーブメントにはならない。一瞬期待したオジサン達はがっかりだぞ。(^^)
Podemosのように具体的な課題とそれに対する施策案を出さない限り、SEALDsは単なる不満居士の集団あるいは似非日本人達、ランクの低い大学の学生達によるサークル活動で終わるだろう。
昔の全学連(今は既に骨董品だが)、全共闘のほうがよほど理論武装し具体性のあるまともなことを言っていた(ような印象がある)。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 社会・経済, 国政・国会, 海外 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

政党Podemos(ポデモス)とSEALDs(シールズ)という学生サークル への10件のフィードバック

  1. 通りすがり より:

    こんばんは。

    SEALDsの国会前集会やデモを実際に見たことがありますが、太鼓叩いたり揃いのプレゼンツールを用いたりテンションが高いのだけはヨーロッパなどのデモに真似て見せていますが、中身を感じないんですね。

    あの奥田何とかの貧相な顔がどうにも生理的に受け付けない(笑)。

    相変わらず政治と金だとか、ネット選挙とは名ばかりで運動にも訳のわからない制約があったり、日本の政治や選挙運動そのものが低レベルなためにSEALDsのような「とにかく反対」みたいな馬鹿集団が出てくるのか、あるいは選挙民があの程度の馬鹿集団だから政治家にまともなのが現れないのか鶏と卵で考えさせられますね。

    その考えさせるきっかけとしての馬鹿集団の出現は少しだけ意味があるかもしれませんね(笑)。

    • argusakita より:

      実は私、日本あるいは日本人に民主主義は本質的に合わないのではないかという思いがずーっとあって、最近のデモや国会を見ているとその思いが強くなっているんです。
      比較的穏健な独裁あるいは集団指導体制の管理下にあったほうが日本人はその特性を生かせるのではないかと。
      そうでなければここまで今のような官僚支配の社会主義国家にはなっていないのではないかと思います。
      本来、明治維新というある種のクーデターによる革命政権だったはずなのですが、やはり第二次大戦以降の牙抜き・骨抜きが効き過ぎたんでしょうね。

      実に不思議な国だと思います。

      • 通りすがり より:

        それを言っちゃあお終いだとは思いますが、日本人に民主主義(欧米のという意味だと思いますが)は本質的に合わないというのは、何となくわかるような気がします。
        地方の選挙などを見ても未だに「津軽選挙」みたいなのがありますし、地域競争・対立の図式になり、選挙の先にあるものを考えないというか何というか。

        きっと、blog主さんが時々書かれる幕藩体制下の領民という意識がどこかに残ってるんですよね。

  2. ブルーベリー より:

    SEALDsは、マトモな意見を言える人材が一人もいない。 
    とにかく反対ばかりで、中身がスカスカ。

    民主党や共産党は、宣伝カー借したり、国会に呼んだりしてSEALDsを利用しているが、
    自民党としては 「ガス抜き」 として丁度良い存在になってる。

  3. ブルーベリー より:

    野党で無理やり統一候補を出したり、知性の低いシールズ奥田で煽ったケド、
    その結果、有権者はドン引きしました。

    あほシールズ は解散するそうですが、ただ騒ぎたいだけのチンドン屋でしたね。
    奥田は、中学時代のように自殺未遂とかしないと良いんですが・・・・
    まあ、1年後には誰も覚えていないと思いますが。

    • argusakita より:

      ウィーンでこっそりBSジャパンの池上特番(テレ東)を見ています。
      相変わらず、創価、日本会議、共産党(民青)、連合と突っ込みますねぇ。
      これ、地上波で秋田でも見られたらいいですね、目が醒める人もいるかも。

      秋田ではモツ鍋屋が予定通り当選ですか。
      地元では政治活動で何をやっているのかわからないという声が多いと池上氏に突っ込まれていましたが、『国会優先なので地元は・・・仕方がない。宿命だ』という本人の反応。当選直後にこんなアホなコメント出す奴にまた6年間の餌代をあげないといけないのは国民にとって非常に不幸なことです。

      • 茹で蛙 より:

        東北の各県選挙区で早々に自民が勝ったのは秋田だけで他は接戦か野党。
        それだけ秋田は、対抗のダイゴ君が最初から問題外だったということでしょうか。
        引き算しても自民のあのどーしようもない政治屋もどきのヒロオ君しかいなかったという非常に残念な結果でした。

      • ブルーベリー より:

        同じくテレ東を見ています。  
        池上氏がここまで突っ込めるのも、テレ東だからでしょうね。

        力のある政治家は、池上氏の質問に上手に対応しています。
        力量の差ががはっきりするので面白いですね。

        小泉進次郎氏が上小阿仁村で語った 「人口減を嘆くのではなく、現実を受け入れて積極的に人口減に対応しよう。」 という話を秋田県民は聞くべきでした。

  4. 茹で蛙 より:

    社民党、党首、副党首どちらもダメそうで、いよいよ消え去るかと思ったら、既に得票率3.1%ですか。政党要件はこれで次回も担保されたかな。
    まあ、あの自分の名前も変なイントネーションで名乗る偽日本女が国会中継に出て来なくなるだけでもよしとしましょう。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中