『花は咲く』のアニメスター・バージョン

3.11から5年。時間が過ぎるのは速いものだと改めて実感。
震災、原発事故後は筆者は期限間近のマイレージが溜まっていたこともあり、情報が錯綜して実態が見えないうちは家族を海外に逃がし、汚染の観測状況が分かり次第戻したり、今思えばなかなかのパニックだったように記憶している。
国が26兆円も使って、本当に地元の人間達に必要な復興が行われているのかは相当に怪しいが、縁もゆかりもない地域に筆者などができることは大したことはない。

この5年間にウィーンから呼んだ社員さん達と3回の炊き出し活動に参加し、震災から1年ちょっとの間エアー・チケットのエコノミーとビジネスの差額を寄付したりしたが、大したことはできないなと実感している。

あとは、あの大災害と被災者達を忘れないことだろうか。
死者、行方不明者合計18,455人、重軽傷者6,152人。
北野たけしが以前言っていたように、18,455人が亡くなった1件の大災害ではなく、1人の死者とその遺族が突然同時に現れた18,455件の多数の悲劇を想像して忘れてはいけないということだろう。

『花は咲く』(復興支援ソング)はウィーン少年合唱団だけでなく、スペインやイタリアあたりでも様々なコーラスや楽器のソロなどがYouTubeにupされている。
NHKで『花は咲く』(復興支援ソング)のアニメスター・バージョンが流れている。
ニコニコ動画はここ。
これは、結構な年配でも懐かしいアニメも多く、PVで有料にしてもすぐに世界中から億という金額が集まりそうな鳥肌モノである。

琴による演奏

自衛隊&米空軍音楽隊@武道館

永遠の名曲だろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 震災・福島原発 タグ: , , , , パーマリンク