エネルギー王国・秋田県、太っ腹の施策開始

---
 済
---

秋田県は、電力小売り自由化に合わせて都市部の様々な場所にスマホ・携帯の無料充電スポットを設置することを決めた。
風力やソーラーを始め地熱、バイオと様々な発電が行われている秋田県だが、肝心の送電設備が十分ではないためそのメリットが生かせないのが現状。
エネルギーの地産地消を図るべく、電力消費の大きな産業誘致を狙っていたものの、気候、交通、労働人口等の悪条件で一向に企業誘致が進まない。
これでは、『エネルギー王国・秋田』を標榜するわけにはいかないため、秋田県は県民にそれらによる電力の豊富さを実感してもらうべく、限定された用途の電力を無償で提供することを決めた。

具体的には、観光施設、駅、バス停、喫煙所、ファストフード店、各種ビルの1Fロビー、公園のベンチ等に無料のA-コンセント(仮称)を設置し、スマホ・携帯の充電を無料で行うことができるようにする。このA-コンセントはスマホ・携帯の各種コネクタに合わせたケーブルのみが使えるもので、通常の電化製品で使われるコンセント(JIS C 8303-1993)とは形状が違うため一般の電化製品は使用できない。

iphone-battery-chargingこれにより、待ち時間等を使って充電を気軽に行えるようになる。短時間でも充電が必要な緊急の場合などには便利なスポットとなる。
尚、スマホ等で急速充電する場合には機種に合わせた急速充電対応のケーブルが必要なため注意が必要である。

初年度、秋田市を中心に1万か所の設置を目指すが、定期的に県民の要望を聞きながら設置場所を増やし、将来的には県内5万カ所の設置を目指すとしている。

なーんてな。(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: ディジタル・ネットワーク, 県政・市政・議会 タグ: , パーマリンク

エネルギー王国・秋田県、太っ腹の施策開始 への3件のフィードバック

  1. あ、今日は4月1日だった。そういうことね。

  2. あきたしみーん より:

    はっぱりこのブログはおもしろいです。
    秋田市民、秋田県民として、いろいろ考えることがありますが、私は現M明高校→A大学出身のため人脈も何にもなく歯がゆく毎日を過ごしてます。
    未来のために秋田の改造をしなきゃダメですね。

  3. あきたしみーん より:

    間違えました…
    M桜高校でした笑

コメントは受け付けていません。