地震と住宅

昨夜からの熊本での地震が継続しているようで、Twitterではくまモンも押し黙ったようだが、震度7や6が続くようでは時間の経過とともに家屋の被害が拡大していきそうで実に気の毒としか言えない。震源が10km程度と浅いこともあって大きな震度になっているようだが、つくづく日本はいろいろな自然災害から逃げ場のない災害デパートの島国であることを思い知らされ、既に家族5人が地理的にバラバラに離れて生活する筆者としては明日は我が身と感じる。

TVニュースを見ていると瓦屋根の被害が多そうだが、3.11以降言われるように日本列島が活性状態になっているとするなら、地震に弱い伝統的日本的家屋の耐震化や建て直しや塀の基準見直し、電線や通信インフラの地中埋設などに国や自治体がもっと積極的になっても良さそうに思えるが、不思議と日本では大きな動きにはならない。新築住宅ばかりがGDP押し上げではないだろう。
未だに木造家屋(2F建てや小面積)は構造計算が義務ではないといったおかしな建築基準法は改められない。昔と違って小さな工務店レベルでもPCで容易に構造計算くらいできるだろうに・・・。ゼロからFEMで計算しろという話ではない。

どんなスタイルの家に住もうが個人の自由ではあるが、倒壊等で共通のインフラである道路が確保できなくなったり、災害救助に向かう人間達が危険に曝される結果を招くことが予想される場合には個人の自由の範囲にも一定の制限があって良いはずだ。特に市街地の道幅の狭い日本では都市計画や住民共通の社会インフラ(特に道路)行政の面は優先順位があまりにも低いように感じる。3.11から何を学んだのか。防災から減災などとはごく一部の話のようだ。

以前も書いたが、秋田市などでは液状化の可能性が高い場所に平気で新興住宅街が形成され、その土地にローンを組んで家を建てるといった1度の大地震で人生を左右しかねないギャンブルが未だに行われている。秋田市で公表しているハザードマップをきちんと見ている市民がいるのかどうか。
住宅産業やデベロッパーが人々の伝統的な価値観(一国一城的な)を利用し人柱にしているのではないかとさえ思われる。ただでさえ20年程土地価格値下がりの続く秋田で住む目的で不動産をローンで買うなど愚の骨頂である。住民の意識のパラダイムシフトが起きないのが実に不思議だ。
筆者は普通に戸建てをローンで建てて15年程住んだ後に地震ではなく豪雪を機会に家も土地も売却したが、値下がりした土地価格や払った税金を考えると失敗だったものの、手放すこと自体は合理的な判断だったと今でも確信している。
災害デパートの島国で居住のための不動産保有や購入は資産形成ではなくリスクを自ら選択・増加させることであって、相続税の網が広がったこともあり、そんな資産は3代も継続しないことを明確に理解すべきだ。

住宅や車は日本のGDPのそれぞれ3~4%を占め、それらの減少は国全体としては大きな問題だが、若者が社会保障費によってそれらを購入できるような可処分所得が得られなくなるのは確実な方向であるため、耐震性に優れた住宅(戸建てだろうと集合だろうと)に居住する国民はごく限られた割合になることは避けられない。
自分の愚息・娘達を含めて、日本に住む特に若者の将来はどうにも気の毒なものしか見えない。拙いよなぁ・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

広告
カテゴリー: 県政・市政・議会, 社会・経済, 国政・国会 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

地震と住宅 への6件のフィードバック

  1. ブルーベリー より:

    日本の在来工法は、設計の自由性が高いけど、耐震性・耐火性の低いものを作れてしまう。
    実際、津波や洪水に耐えた家を調べると、住宅メーカーで建てた家ばかりです。

    住宅メーカーは、研究して強度を高めており、地盤が少しでも弱いと杭を打ちます。
    工務店にも頑張って欲しいものです。

    地価が毎年5%以上も下がり続ける秋田県で、家を建てる気にはなれませんけどね。

  2. argusakita より:

    何だこれ、中央構造線でも動いてるのかな。
    震源が東に移動してくるのか。

    • 相変わらずアンテナが鋭いですね。

      確かに中央構造線上に結構大都市がありますから、連動されると大変なことになりますね。

      ただ私は逆に、西方向に、川内原発があるのが気にかかります

      • argusakita より:

        気象庁は本震が今回で、昨日のは前震だ。
        エラい地震学者が、余震は50年から100年続く。

        うーん、被災者にとっても遠くの我々にとっても何の情報価値もない。
        明日、寒冷前線が熊本を通過するようで、そちらの情報のほうが現実味がありそうだ。

        安定のテレビ東京、しまじろうとウルトラマンのほうがホッとする・・・か。

  3. 巡回親父 より:

    何だか、まだ一般からの支援だの義援金といった一段落という訳ではなさそうですね。
    これは長くかかりそうな予感がします。
    阿蘇が本格的に噴火したり震源域が豊後水道や四国に移って来たらもう….。

    まだ気が早いかもしれませんが、これで消費税upの延期は固まったでしょうね。
    自衛隊もまた活躍してくれるでしょうし、野党の争点はほぼ潰される格好かな。

    復旧・復興にはまたまた労働者不足・資材高騰が言われるでしょうし、九州のTOYOTAや半導体関連の工場もあるでしょうから、東北の復興どころではなくなるかもしれません。
    東京オリンピックは返上してもやむを得ない状況になるのでは?

    雪さえ無くなれば秋田は国内では相対的に安全な場所ですね。

  4. argusakita より:

    APA/AFP/DPAが日本の地震について配信して各国のメディアが伝えていますが、中米グアテマラでも昨日M6.2の地震が起きたようで、地球全体が・・・と大雑把に考えてしまいます。

    それにしても給水・配給などで相変わらず整然と行列を作る日本人は本当に凄いと思います。

コメントは受け付けていません。