G7、東京開催でなくて良かった!

ようやく、ウィーンのオフィスに帰還。ウクライナのオデッサに約1週間滞在していたが、ウクライナ危機も既に日常の一部になった感があり、危機以前のオデッサと何ら変わりないものの、キエフはまだ騒然とした状況もあるらしいことや東部のドネツクやルガンスクはすっかりロシアの一部といった感じらしい。ドネツクでタクシーの元締めをやっている知人は電話で商売あがったりだとボヤいていたが、どこか諦めとノンビリした空気を同時に感じるのはロシア、ウクライナの人間に共通ないつもの印象。


BBCやフランスのF2では伊勢志摩でのG7サミットのニュースをやっていたが、伊勢神宮の映像は思わず見入ってしまった。まあ、あの荘厳さは欧米人にはわからんだろうなぁ・・・。フランスのメディアでは会議が開催された賢島を2つの橋で隔離される『要塞』と表現していたが、確かに中世の城的な見方からすれば周囲を海に囲まれた立派な要塞かもしれない。

4927194_6_03e8_les-participants-au-sommet-du-g7-posent-devant_526d70dbd46e5e7d8deec52f01c20617それにしても、神宮の境内を歩くG7のリーダー達の絵は支那や朝鮮といった訳のわからない連中を除外したグルーピングで、国同士の付き合いにおいても互いに不愉快さの許容範囲なのと、このグループの中では戦争は起き難いものを感じさせ、どこか清々しい。
しかし、来年のサミットはイタリア・シチリア島(タオルミーナ)で開催が予定されているが、アメリカ大統領がトランプになったり、フランスが大統領選日程によってはオランド以外になる可能性もあったり、イギリスがEU離脱を6月の国民投票で決定した場合にはずいぶんと様変わりする可能性もある。安定感のあるG7サミットは今後はしばらく無いかもしれない。

G7自体、今回も大して大きな喫緊の議題が無かったように、既にさほど大きな実務的な意味・機能は無いものの、年に1度西側諸国(blue teamか)が『茶話会』を開くのも開催地の観光イベントとしての効果もあり悪くはなさそうだ。
開催地の伊勢・志摩は警備などで観光では短期的なマイナスもあったろうが、各国メディアでは伊勢神宮の紹介を短く挟んだものが多く、今後は世界的な観光地となるだろうが、神宮はあくまでも日本人の聖地とも言うべき心情的に重要な場所の一つで、個人的にはあまり外国人には行ってもらいたくない場所の一つである。地元の人々はどう思っているだろうか。

それにしても、今回のG7の開催地が伊勢・志摩で良かった。
朝鮮人のごとく振る舞う舛添という政治屋の醜聞が次々に露呈する国際都市東京はオリンピック関連でもずいぶんと評判を落としている。
サミットで集まった各国メディアが舛添の醜聞をこぞって世界に発信することがなくて幸いだった。
オリンピック招致に関する醜聞は今後拡大しそうな気がするが、招致決定時の予算とのあまりにも大きな乖離、国立競技場問題やエンブレムと次から次とミソばかり付く東京オリンピック、いっそのことスペインやトルコに肩代わりしてもらう(もう間に合わないか?)かロンドンにでも再度開催を依頼したほうがよさげである。

このオリンピック招致で仲介(暗躍)した電通がパナマ・ペーパー問題でも名前が出てきて、『お、電通が珍しく表に引っ張り出されている』と注目しているが、The Gurdianのような海外メディアが取り上げない限り日本のメディアで電通批判といった報道はまず期待できない。(相変わらず、外圧に弱い国である)
広告・スポンサーという首根っこを掴まれている日本のメディアが電通を吊し上げることなどは絶対に無いし、それを利用した電通の世論誘導は日本の政治屋達が最も恐れているものだろう。

戦前からの満州の阿片に関わる金脈、人脈に繋がる電通は正に日本の暗部そのものであり、創価と在日ヤクザと同等に、日本におけるアンタッチャブルな存在である。
そして、それらのルーツが皆朝鮮に繋がり、自民党の大部分と密着し、ある意味混然一体となっているあたりが日本の抱える暗く、深い闇だろう。
戦後レジームがどうのといっても、それらを奇麗さっぱりとはいかないのが残念ながら日本の現状だ。

どこの国でも政治屋と密着したアングラな集団はいるが、日本の電通は特殊だ。
電通という薄気味の悪い朝鮮系企業の実態や世論を繰る手法、政治屋や役人・外郭団体と密着した実態、早く一般の日本人もそんなものに気が付いて欲しいのだが・・・。

広島訪問は、こちらでもbreaking newsであちこちのチャネルで配信。確かに歴史的な出来事で日本のTVは中継でもやっていたのだろう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

カテゴリー: 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

G7、東京開催でなくて良かった! への3件のフィードバック

  1. argusakita より:

    どんな所感を話そうと、オバマの傍には核発射コードの入ったブリーフケースがある。
    プーチンにも広島でモノ言わせるべきだ。

  2. 核軍縮はおそらく数十年ごとに行われると思います。でもそれは、軍縮ではなく、半減期によって性能が落ちた核爆弾の廃棄のためです。いずれ廃棄した分は補充されているのではないかな。軍事パワーで自ら弱者になろうとする国はないと思う。

    日本は被爆国であるが、福島の事故があっても、今回の地震で大断層の上にありそうな原発であっても、運転を諦めないのは、いずれ日本もなんとかして核を持ちたいと思っているのかもしれないと考えたりする。でなければ、広島・長崎があったのに原発が多いことの理由がわからない。

    ついでに言うと、第五福竜丸の扱いが日本で小さいことの理由がわからない。アメリカに気兼ね? それとも日本での被爆でないから? ハワイ出身のオバマ氏が核軍縮を叫ぶのは、ビキニ環礁の水爆実験が関係していそうな気がする。

    • argusakita より:

      第五福竜丸の件は、朝鮮戦争直後の時代背景でアメリカからの補償金で手打ちにしたことや死亡した人の直接の死因が放射線障害ではなく輸血の間違い(今風に言えば医療過誤)だったことなど、あまりにもタブーが多く今更掘り起こしても仕方がないのでしょう。
      夢の島公園内にある展示施設も、どこか遠慮がちなもので不思議だった記憶があります。

      私は、唯一の被爆国だからこそ日本は核武装すべきだと思います。
      支那や北朝鮮の核を無効化させ東アジアの均衡を保つために。
      ウチの相方は、唯一の被爆国だからこそ日本は核武装すべきじゃないと言いますが・・・。
      夫婦でもこれだけは昔から絶対相容れない点です(^^)。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中