居直り、居座りのみっともなさは日本人が最も嫌うものの一つ

まるで、戦後のドサクサに紛れて駅前の土地を乗っ取り、居座って近隣の苦情にも耳を貸さずにパチンコ屋をしている朝鮮人のような印象の舛添会見。加えて悪印象の元検事の弁護士の受け答えには日本中からブーイングだろう。
『~とまでは言えない』、国民はそんな甘い話を聞きたいのではなく『~と言える』という断罪の話を聞きたかったはずだ。
違法ではないが不適切という全体の評価だが、あの調査を弁護士に依頼せずに元税務署長にでもさせたら調査結果とコメントは全く違った印象だろうな。
法治国家ではあるが、故に法律とは最低限のモラルであるとは名言だ。

民間の場合でも税務署がやかましい福利厚生費、会議費、図書費、消耗品費、交際費に該当する部分あたりが今回の問題の公私混同部分だろうと考えられるが、福利厚生費に含める場合の社員旅行は概ね1人10万円以下、社員の半数以上参加、5泊6日以内といった『基準』がある。会議費も1人5,000円以下といった『基準』で見られる。
これに照らしても政治活動という極めて曖昧なものへの金の使い方は(羨ましいほど(^^))呆れて眺めるしかない。『書』が趣味で、文化交流に必要、だから政治資金で支払いが可能。こんなことが『~とまでは言えない』というコンテキストで真顔で語れるなら、ほとんど何でも経費にできるだろうに。

世の中には小金を持たせてはいけない類の人間がいるが、舛添の場合は典型的な気がする。また、結婚3回以外に愛人2人、腹違いの子供が都合5人というプライベートな部分も、そこだけ取り上げても人間としてあるいは男としてちょっと別世界の人種だ。英雄色を好む(Heroes are amorous.)という言葉があるが、そんな上品なモノを舛添からは感じられない。
せいぜい、英雄エロを好むくらいではないか。英雄でもないな。
甲斐性があるなら、一夫多妻制も認めてもいいとは思うし政治家は聖人君子であるべきなどとは思わないが、舛添の場合、度を越している。漏れ聞こえてくるところでは先天性の障害児を冷遇しているとか・・・。どうも人間として信用できそうにないと直感的に感じるのは、国際政治学者としてトーク番組に盛んに出ていた時代から感じていたことだが、やはりそうだったかという印象。

明日からの都議会は、自公が参院選も控えてコトを大きくしたくないことからあまり辛辣な糾弾はされないだろうと予想しているが、あんなのを都知事に据えて置いたのでは都政の停滞(これだけでも十分なリコールあるいは不信任の根拠だろう)は尋常ではなくなる。
停滞による損失、東京という日本を代表する首都の民度の評価の下落はプライスレスだ。
1回の都知事選に約45億円かかるとかいう話だが、東京都ならそれくらいの金額はメじゃない。何とか辞めさせて、選挙でもう少しまともなclerkを知事に据えるべきだ。

自治基本条例を巡って全国で危うい自治体が増えている中、朝鮮系日本人に首長や議員などを絶対にさせてはいけない。(秋田県では横手、大仙、にかほ、潟上各市だったかな)
舛添事件は改めてそんな日本の危機を感じさせる。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

カテゴリー: 社会・経済, 雑感 タグ: , , , , パーマリンク

居直り、居座りのみっともなさは日本人が最も嫌うものの一つ への7件のフィードバック

  1. 茹で蛙 より:

    会見の中継見ていましたが、ヤメ検(東京地検特捜部OB)の弁護士を使っての茶番。
    酷いもんですね。
    その弁護士が記者の質問にキレるところがまた傑作でした。

    ドサクサに紛れて甘利氏が政治活動復帰(国会が閉幕してからのタイミング)。
    どうかしてますよ、日本は。

    自公の舛添知事の扱いによっては参院選で自公は大敗するかも。

  2. blogファンその1 より:

    「不適切だが違法ではない」
    この文言はパナマ・ペーパーも同様ですが流行りそうです。

    それにしても、事務所家賃の話は納得いかないですねぇ。

    <朝日新聞>

    舛添氏の三つの政治団体の住所地は、東京都世田谷区にある舛添氏の自宅と同じ。支部や研究会などは少なくとも09年以降、「事務所賃借料」「家賃」の名目で毎月約44万円、年約530万円を計上。6年間で計3千万円超に上る。14年4~12月は泰山会が毎月約44万円を計上している。

     登記簿や舛添氏の説明によると、事務所は地上3階地下1階建ての自宅の1階と地下1階部分(計約113平方メートル)にある。最寄り駅から徒歩約3分という好立地で、近くの不動産店の店員は「同じ地区の坪単価などから計算すると、月約44万円の賃料は少し割高。30万~40万が妥当ではないか」と話した。

     家賃の支払先は、自宅と同じ場所にある舛添氏の妻が代表の株式会社「舛添政治経済研究所」だ。自宅の土地・建物はかつてこの会社が所有していたが、13年2月に舛添氏本人に移った。ただ、支払先はその後もこの会社のままだ。

    これ、はっきり言ってネコババでしょ?

    秋田の感覚では、家賃44万払えるなら、2軒くらい自宅持てそう(笑)。
    秋田の県議会でも昔あったよなぁと思ってググったら、ここが出てきました(笑)。
    特権意識・既得権死守の姿勢丸出しの秋田県議会
    https://argusakita.wordpress.com/2011/10/05/%E7%89%B9%E6%A8%A9%E6%84%8F%E8%AD%98%E3%83%BB%E6%97%A2%E5%BE%97%E6%A8%A9%E6%AD%BB%E5%AE%88%E3%81%AE%E5%A7%BF%E5%8B%A2%E4%B8%B8%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%AE%E7%A7%8B%E7%94%B0%E7%9C%8C%E8%AD%B0%E4%BC%9A/

  3. そこまで言って委員会でコメンテーターが言ってましたが、舛添氏に刑事事件になりかねない新たなスキャンダルが出そうとのこと。日本ではない国からお金をもらって、便宜を図ったという事件だそうです。
    ・・・・
    どう考えても、韓国でしょうね。
    ソウル・オリンピックへ協賛金をということを確か言っていたような気がするし、最近では朝鮮人学校の敷地を確保したりしてましたし。

    なんで、市民の方からリコール運動が起こらないんだろう。

    • argusakita より:

      外国人献金問題は半島の場合、野田も菅も前原も皆うまく逃げましたからね。よほど逃げられない事実が出てこないと・・・。
      リコールは銀座、新橋、新宿あたりで署名を求めるデモはやっています。TVが報道しないだけでしょう。
      145万強の署名が必要らしいので、なかなか難しい数字でしょうね。

      • あらら、舛添知事辞職決定。ここでやめられると、外国人献金問題の追求も無理ですね。それが辞職の原因とは言わないけれど。

        • argusakita より:

          TVで表情を見ているとメンタルが強いというのとは別で、どこかネジが足りないのではないかと思います。
          引き際とか往生際とか潔さとかを改めて考えさせられる人物。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中