パイオニアになるか破壊者になるか~三菱東京UFJ~

矢継ぎ早の三菱東京UFJの動向はなかなか注目だ。
■三菱UFJ銀、国債離れ 入札の特別資格返上へ(マイナス金利で損失懸念)
国債の主要な引き受け手が及び腰になるなら、他の金融機関も追随するのではないか?
引き受け手の少なくなる国債・・・。想像したくもない状況が現実味を増してきた。

■三菱東京UFJ、独自の仮想通貨発行へ 一般向けに来秋
以前も書いたように、このスキームは銀行法の改正が前提ではないかと思えるが、いよいよフィンテックが日本でも開始されるとなれば、これができる体力(資金とシステム開発)のある銀行以外は淘汰される。地銀や雑金はバタバタ逝かざるを得ないだろう。

内閣府が8日に発表したGDPの1Qの二次速報で実質GDPが前期比+0.5%(年率換算+1.9%)と1次速報の同+0.4%(同+1.7%)からわずかに上方修正されたようだが、我々の暮らしには実質GDPよりも名目GDPのほうが感覚的にあっているため、名目GDPを見ると前期比+0.5%(年率換算+2.0%)から同+0.6%(同+2.4%)に上方修正されたものの誰に聞いても『どうかねぇ・・・』と懐疑的。デフレはあまり変わっていない印象だ。
最近の内閣府の発表とただそれを流すだけのマスコミの報道はどうもいただけない。(名目で発表せーよ(^^))
1~3月期の法人企業統計によれば、企業の経常利益は前期比-6.8%と3四半期連続で減少した。中でも円高の影響を受けて製造業の落ち込み幅が大きいようだ。
2016年度の過去3年連続で過去最高益だったものが減益に転じそうだという予測が多いのも気になる。

やたらメディアで過去最高だのと喧伝している有効求人倍率の上昇は続き、失業率が低位で推移しているものの、家計部門の劇的な改善は見通しがあまり無さそうだ。
筆者などには対案が無いためアベノミクスを批判しても仕方がないが、世銀がアベノミクスへの懐疑的な見方を発表したのを見ると、そろそろ崖っぷちの先に行きそうな予感もある。日銀の黒田総裁は4月の会見で『必要があれば、まだまだいくらでもマイナス金利を深掘りすることができる』と言っていたが、審議委員の佐藤健裕氏は『これ以上のマイナス金利の深掘りには明確に反対だ』とも言っていて、国債も危ういものが具体的に見え始めた。

そんな状況で、金融政策だけに依存したアベノミクスでは限界が見えたとばかり三菱東京UFJが明確な意思とともにアドバルーンを揚げたのかもしれないが、TPPで外資系による金融セクタにおける日本的護送船団方式を攻撃される前に国内の金融機関で構造転換と新しい仕組みを作ってしまえという金融当局の指示によるものなのか(筆者は後者だと思うが)わからないものの、いよいよ日本も新しいステップを踏み出そうとしているように見える。

AKITApref-bond-balance筆者は、今後5年間ぐらいが日本経済の歴史的な正念場と見ている。(もっと短いかも) 失敗すれば、政治同様に三流国に落ちる。
何がなんでも開催されるだろう東京五輪が終わった後は大きな経済効果のありそうなイベントは無い。
地方も、平成の大合併に伴う特別交付税措置も終わり(延長が議員さん達のお仕事か)、合併特例債発債も出来無くなるだろう。さらに、現在問題視されている臨時財政対策債(秋田県でもこれがジワジワ増加し、もし無くなれば全く立ち行かなくなる)が廃止されればほとんどの地方自治体は悲惨なことになる。ただ、この臨時財政対策債は要するに国が地方に対して無理矢理借金させている側面があり、首都圏周辺の県では廃止を求める声が大きい。首都圏から離れている地方(麻薬同然に手放せない)とは相当に温度差があるようだ。

構造改革、特に産業構造の改革は国民の暮らしから見れば必ずしも善ではないが、それをしないと世界経済から置いていかれることは間違いなく、結果的には国民の暮らしが悪化する。どんなに日本が頑張ろうがあらゆるものを輸入に頼る以上、唯我独尊とはいかないのである。
その改革をまずは金融セクタからというのは影響力を考えれば当然と言えば当然かもしれない。
選挙の票目当ての大本営発表のGDPなどを見ていては大きなものを見失うことになる。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

カテゴリー: 社会・経済, 国政・国会 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

パイオニアになるか破壊者になるか~三菱東京UFJ~ への2件のフィードバック

  1. ブルーベリー より:

    大手の銀行は、どこもブロックチェーンや仮想通貨の研究に力を入れていますね。
    3月には、MUFGや米シティグループ、ドイツ銀行など金融大手40行が、
    ブロックチェーンで債券を発行する初の実験に成功しています。

    どう変わるか解らないけど、大きな変化が迫っていることは間違いないでしょう。
    そして、コンビニ収納が30年も遅れた秋田県は、また取り残されます。
    日本の財政破綻も目前なのに、危機感ゼロですもん。

    • argusakita より:

      自動車税の通知の封筒は民間企業の広告を入れたりして、お金を集めることだけは多少は神経を使っているようですが・・・。(^^)

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中