徐々に『女性リーダーの時代』到来か

日本では東京都知事選挙が、乱立状態の様相だが、既に戦術的に完全に小池百合子の勝ちという印象で、バタバタしている自民党、民進党、その他が対抗馬をどんなに模索しても小池百合子の迫力には叶わないだろうと予想。
もともと浮動層の塊みたいな東京都で、政党と支持基盤の基礎票だけでは都知事選は勝てないことは過去の選挙を見れば十分にわかることで、もし自民党が増田寛也という親朝鮮かつ『姥捨て山構想』のリーダーを組織的に応援したら、せっかく嘘でも本当でも『民意の数』を獲得した参院選の結果を台無しにしかねない。従って自民党も分裂選挙になる。


koikeyuriko野党が1人にまとまらない以上、誰を推しても手遅れだろうし、小池百合子の圧倒的勝利が予想される。自民党はあらゆるメディア、ネットを使ってネガティブキャンペーンを開始するだろうが、おそらく今回はそれが裏目に出て判官贔屓が逆に増えるだろう。クリーンヒットを続ける文春もそろそろやり過ぎの印象を与えつつあるように感じる。
余談だが、政見放送と演説会は桜井誠(在日問題)立花孝志(元NHK職員、NHK廃止論)の二人も注目する必要がありそうだ。(この2人は当選など考えていないだろう。絶対に編集されない独自の政見放送と警察の警護が付く演説会のために供託金を払うつもりのはずだ)

芦屋生まれのお嬢さんながら、小池百合子のキャスターとしてのキャリアや政党間を渡り歩いた処世術、カイロ大学主席卒、アラビア語(英語もなかなか)に堪能の他、『トルコ風呂』をソープランドに変えさせた運動の件、など多彩なエピソードも持つ。断髪式もそうだがピラミッドの天辺でお茶を点てたなど突き抜けたこともできる女性だ。
1984年頃だったか、あるフォーラムで本人(キャスター時代)を間近に見たが、なかなか雰囲気のある女性だった印象がある。
2007年に防衛大臣としてCSISでスピーチ(動画)を行った。『マダム・スシと呼んでちょうだい』のジョークは完全にスベッているが・・・。
近未来の首相候補という声もあるが、稲田朋美同様、経済・産業面での発言は少なくどっちもどっちだが、まあ優秀なブレーンがつけばこなせるだろうし、何しろ竹村健一の弟子的なイメージ(=アメポチ)がありCIAやNSAとも個人的なパイプがありそうなため都知事は少々もったいない気もするが、本人にしてみれば首相へのステップとして都知事を選んだのかもしれない。
inadatomomi個人的には、どこかか弱さと凛としたものを感じさせる稲田朋美(ゴスロリだけはやめて欲しかった!)のほうが日本人的にはしっくりくると思うが、世界を舞台にと考えると小池百合子のほうが世界に通用する必要条件を多く持つように感じる。

小池百合子が都知事になった場合の議会も含めて公務員達の造反が見ものではあるが、かつて防衛相時代に事務次官更迭で刺し違えた経緯など腹の座った女性であることは間違いない。しかし、結婚、母親経験もないだろうから女性からの支持がどれくらいになるかは若干の不安材料かもしれない。この点では稲田朋美も結婚はしているが子供はまだのはずで、育児・教育といった国として重要なものへの説得力は不足かもしれない。

筆者は以前、
2012年は女性の年かもしれない
なかなか『女性の時代』がやって来ない
と落書きしてきたが、台湾だけはようやく予想が現実化した。
それにしても、現代は女性はいろいろなものを要求されてなかなか大変だ。

日本でもいよいよ女性のリーダーが見え始めている昨今、世界は少々先を行っている。
イギリスは、メイ内相の首相就任(13日に予定)が決まり、フランス、ドイツはそれぞれ来年選挙があるため交代。フランスではひょっとすると極右国民戦線のマリーヌ・ル・ペンになりそうな空気もあるが、難民問題・EU弱体化の流れがどうなるかによるだろう。
JK_Plakatmotiv-2ドイツはいよいよ長期政権のメルケルが2017年末引退の予定で、ポスト・メルケルが誰かが時々話題になるが、筆者は個人的な予想としてCDU(ドイツキリスト教民主同盟)副党首のユリア・クレックナー(Julia Klockner、44歳)の可能性が高いと思っている。自身のHPはここにある。

ユリア・クレックナーは、マインツ大学で政治学、カトリック神学、政治学を専攻し修士号を取得している。24歳からCDU党員であり、宗教観に基づいた比較的温和な政治思想という印象ながら、人権、消費者保護、農業経営などで活動しているため国全体の経済、外交面での力量は未知数である。
しかし、メルケルがあまりにも外向きで欧州全体・世界を舞台に動き回り、特に欧州でのツケ(難民・移民・金融)がドイツにもたらされていることに疲れ気味なドイツもアメリカ同様に内向きに回帰していくだろうと考えられるため、クレックナーは適任だと思えるのだ。ただでさえ欧州の盟主となり、絶大な影響力を持つドイツで強面の男性リーダーが出ると周囲の国々は警戒するはずで、EUの結束をかろうじて保つためにはドイツは女性のリーダーが良いという声も多い気がする。また、旧東独のル・サンチマンを抱えたメルケルよりもラインラント=プファルツ州出身のクレックナーは支持を得やすいはずだ。
いずれにせよ、メルケルの後は連立を組むバイエルン州の地域政党であるCSU(キリスト教社会同盟)のホルスト・ゼーホーファーあたりがワンポイントで入るかもしれないが、ゆくゆくはクレックナーではないかと筆者は予想している。

さて、そうなると来年は無理だろうが再来年のG7サミット(カナダ開催)は、
アメリカ   クリントン♀ (トランプになったらG7崩壊?)
イギリス   メイ♀
フランス   ル・ペン♀
ドイツ    クレックナー♀
イタリア   ???
カナダ    トルドー♂
日本     安倍晋三♂
という予想になるが、カナダ(トルドー、44歳)、イタリア(レンツィ、41歳)は長期安定政権とは言えないため変わっている可能性がある。
ここは、安倍首相も早めに退いてトモミノミクスかユリコノミクスに切り替えて置く必要があるかもしれない。(^^)

putinkabaeva時代は確かに女性がリーダーになってきた感がある。
しかし、なかなか政治プロセスに引き込むことができないIS、北アフリカや北朝鮮政治プロセスでも駆け引きに長けているロシア、支那、トルコ相手に上記G7が結束対抗していけるかどうかは非常に不透明である。
ただ、ロシアはもしプーチンの後継にアリーナ・カバエワ(Алина Маратовна Кабаева、元体操金メダリスト)が就任したりすると、案外世界は平和か逆に女性たちのヒステリーで不安定になるかの両極端が予想される。

PS. えっ、ジャーナリストを標榜しながらCM出演し、健康不安も払しょくできない鳥越俊太郎が立候補? モツ鍋屋の元プロ野球選手並にあり得ない。都民を舐めるな。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

カテゴリー: 国際・政治, 海外 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

徐々に『女性リーダーの時代』到来か への16件のフィードバック

  1. 茹で蛙 より:

    風雲急を告げる都知事選ですが、左巻きが鳥越支持に回っても小池支持のほうが多いような気がします。穏健そうな増田と三つ巴という感じがします。
    自民党は小池の応援をしちゃいかんと通達(応援したら除名)を出したそうです。
    自民党が本腰を入れれば入れるほどその票は小池と鳥越に流れそうな予感。
    馬鹿ですね自民党(笑)。

    しかし、ガンで4回手術して健康不安が無いと言い切るのは無理が大きいなぁ。

    • argusakita より:

      『冒頭解散』という訳のわからないものを1番目に持ってきたということの意味を考えると、議会に不信任案を出させるようなことを仕掛けるという意味でしょう?

      ということは、知事の専決処分で何かをいきなりやるぞという意味だろうと思います。
      五輪利権関係か何かでしょうかね。

      議会解散を当然見越しての強烈な隠し玉は、小池新党旗揚げでしょう。
      ナショナリズムを煽りながら、右派、極右も取り込めるような『臨時右派』的な『東京党』のようなものを立ち上げれば最強です。さほど右派でもない小池は演じればいいだけですから。
      政党の支援を受ける増田、鳥越は同じようなことを絶対真似できませんから、都議会、都庁を改革というのは小池都知事実現が最も有効で説得力があると都民は判断するでしょう。

      どうでしょうか。

    • 鳥越氏の緊急会見、TVで見ましたが、舛添とは違う意味で問題のある会見だったと感じた。

      舛添氏の場合は、疑われている点に対してまっすぐに答えようとせず、会見を進めるごとに返って疑念を高め、世間の反発をまねいた。

      鳥越氏は、最初はでないと言っていたのに、おそらく民主党からの要請で心変わりしたことが一目瞭然で、そのためまったく都知事選に向けての心構えも都知事としての今後の構想も(今のところ)無いことが顕になった会見だった。都知事選に出るという会見なのに。私は都民でないから関係ないけど、こんな候補者には票は入れたくない。

      • argusakita より:

        そうなんですか。
        会見どこかにupされていませんかね?

        少なくとも公人として任期を全うするだけの自信があるなら健康診断書でも出すべきだと思います。健康不安についてはコメント無しでしたか?

        ガン患者(鳥越は治癒ではなく寛解では?)が公職を務めるのは、ヒューマニズムとしては美しいですが、病気で途中で投げ出さざるを得ない可能性がある場合には最初から無責任な印象があります。
        現段階で医学的なお墨付きを出すことが公人として最大限の誠意だと私は思います。

        投票に帰らないといけないな・・・。

        • argusakita より:

          ありがとうございました。
          普段のジャーナリストの立場と逆のためか、だいぶアガっている感じでしたね。
          確かに準備不足のような印象。残りの人生をだとか、九州生まれの都民だとか、戦争記憶世代とか、メンタリティに訴えるあたりは、どうなんでしょう。

          東京都の予算規模6.6兆円、税収4兆円・・・。
          出生率1.4・・・。

          こんな基本的なマクロな数字を間違うようではアカンでしょう。
          出生率は後でメモが入って訂正していましたね。

          五輪予算の数値も頭に入っていないようで、それこそ実務面では期待薄です。
          残念ながら、この人は終生ジャーナリストで終わったほうがいいのでは?
          なぜ晩節を自ら汚す選択をするのでしょう。

          それにしても、途中で突然出てきた古賀氏、どこか壊れちゃいましたね、この方は。

  2. ブルーベリー より:

    増田寛也氏は岩手知事時代に、ずいぶん財政再建に力を入れたけど、
    在任中に7000億円から1兆4000億円にまで債務が拡大。借金を2倍にしてしまった。
    岩手県ですら失敗する人物では、東京都知事なんて到底無理でしょう。

    鳥越氏は何度も言動が問題になっており、舛添と同じ穴のムジナでしょ。
    小池百合子氏は焦り過ぎた、次のチャンスを待つべきだったと思う。知事の器では無かった。

    • argusakita より:

      他の46道府県と違って東京都は良くも悪くも特別でしょう。日本のもう一つの顔ですから。
      赤字の地方では実務能力を問われて当たり前ですが、東京の場合は『器』(能力)よりも『御輿』(見栄え、発信力)が重要でそれだけでほぼ十分だろうと思います。優秀・そうでないの合わせて16万人もクラークがいる所帯ですし、実務は彼らがこなすでしょう。
      小池が当選しても本人がそこを勘違いしないでくれるとありがたいのですが。
      60歳過ぎていますし、ラストチャンスだから今回の冒険主義は正解じゃないでしょうか。

  3. blogファンその1 より:

    反自民の風が吹きそうですね。
    こんな、すぐにチクられることをするあたりが自民党都連はネット時代を甘く見ている証拠です。

  4. 県外人 より:

    元秋田県民の都民ですが、私も確かに今回の知事選は小池氏でいいと思います。
    会見でいろいろな常識的な数値を間違った(知らなかった?)健康不安もある後期高齢者に任せても仕方がないでしょうし、鳥越氏の右傾化に歯止めを云々は都政ではなく国政の話で、少々勘違いが多すぎです。

    増田氏も確か岩手県知事1期目で小沢一郎とは決別したんですよね?
    小池氏もかつては元祖小沢ガールズみたいなもので、この2人の争いで何となく小沢一郎が動いているような気もしませんか?
    小池新党なんてことになったら、実は小沢新党だったりして。

    • ブルーベリー より:

      最悪なのは鳥越。
      改憲阻止のためだけに出馬したので、政策も何もない。
      日頃から政治に興味がなかったら、何を聞いても 「興味ない」

      元ジャーナリストと言っても、現役時代からアホなので出生率すらも知らない。
      改憲阻止論者と言っても、どう変えるかの議論もなく 「ともかく絶対反対」

      「都政がどうなろうと、改憲阻止さえできれば俺は満足だ」 と言ってる問題人物。

  5. 「宇都宮健児、上杉隆さんたちはそれぞれ立派な候補者」と言いながらや、「市民の声を一つに集めることは一番大切なことですから」と言って究極の後出しじゃんけんで乱立状況を加速させる神経が判らぬ。
    「市民と一体になる」←揚げ足をとる訳じゃないが、都知事選挙の投票者は都民だ。ここで使われる「市民」って、なんか胡散臭い。
    「昨日決心したばかりなので政策は考えていません」←せめて、首都直下型地震への防災対策です、くらいは言って欲しい。

  6. 通りすがり より:

    たまたま見かけた、今日の日本記者クラブでの4氏の議論はちょっと面白かった。(全部は見てないけど)
    右は右で、左は左で角突き合わせているようで笑えた。

    全く準備の無い鳥越、行政マンとしての経歴ばかりで華のない増田、迫力があるけど笑っても目が怖い小池、どこか他人事の宇都宮。

    あ、今、ニュースで宇都宮は立候補断念を表明。イマイチ(今市)、日光でやめたということか。
    毎日、目が離せない。

    • argusakita より:

      日経速報メールで、今上が生前退位のご意向・・・。
      その前に廃太子を是非!!

      ここのところ毎日のように日本から来る大きなニュースで驚きます。
      そうですか、宇都宮は撤退ですか。

      >イマイチ(今市)、日光でやめたということか。

      上手いこと言いますね。(^^)

  7. argusakita より:

    都知事選、豪雨の中で始まったようで、ニュースや動画がおもしろい。
    左巻きのガス抜きのために出てきた、自ら晩節を汚すジャーナリストは改憲阻止のために都知事選を利用しているし、数日前まで東電の社外取締役だった岩手を追放された元大臣が大株主として東電や電事連・経団連と五輪利権に対抗できるはずもなく、引き算したらやっぱり小池百合子しかないじゃないかと。

    舛添という小モノの悪を退治したら、内田というもっと悪いのが出てきたと・・・。
    http://www.sankei.com/affairs/news/150123/afr1501230036-n1.html
    自民の国会議員が増田の応援をすればするほどマイナスイメージが増えることに気が付かないなら自民党は末期的。せっかく2/3発議可能までたどり着いたのに。
     
    最初の選挙で名簿順位で煮え湯を飲まされたヤメ検・若狭勝が小池百合子の応援をしていたのが印象的。
    http://www.sankei.com/images/news/160714/plt1607140039-p1.jpg

    桜井誠の演説や政権放送は皆で拡散しないと。パチンコ撲滅!!
    でも、1票は小池百合子で良さそうだな。

    おやすみなさい。

  8. argusakita より:

    都知事選のニュース動画いくつか見たら、鳥越がもうヘロヘロで演説1分。
    巣鴨で元気な年寄り達に文句ぶつけられて散々。森進一は何しに出て来たんだろう。

    夏の炎天下で歩き回る体力が無いようじゃ、今週来週の活動はもう限界でしょう。
    下手すると倒れて入院だな。
    野党は、なんでこんな病み上がりの老人を担いだのか。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中