傍線に見る『浸食』

うっすらと靄のかかったモスクワ川脇を朝早く散歩。上着があってもいいくらいの気温だ。
キエフスカヤ駅周辺は朝からロマ(ジプシー)達の群れが相変わらずウロウロ。
都知事選投票までには帰国しようと思っていて、毎日都知事選のニュース記事や動画をチェックしているが、急遽担がれた準備不足の老害の応援風景や支持者の写真で気になることがあった。
縦書きの傍線である。

日本語は、ポルトガル語、英語が入って以来横書きは線(アンダーライン)の上に字を書くようになっているが、縦書きの場合は漢字を一つのマスとみて右から左に書くのが伝統的な常識であるため、注意を呼び起こす場合の傍線やルビは右側に付けるのが普通である。
しかし、鳥越の応援ビラ、ポスター、後援会幟では逆の左が多い。

7月24日に八王子京王ホテルで開催されたという集会では、あの人もいるし、日本を壊しかけたアイツもいるではないか。
(民進党、共産党や無所属、市民勝手連・生活者ネット・社民党)

img_0358 img_0368

とりごえネットワークという怪しげな団体もこんなものを平気で使っている。

CoI_KbvUAAAfdR_

また、メディアでも平気でそんなものを流している。

縦書きで傍線を左に付けるのは、支那語と朝鮮語である。
(モンゴルについては知らない)

鳥越を応援している民進党の市民運動家(?)や都議会議員もこんな感じか。

北條智彦(民進党 東京都第13区)
Cnyy-_KUsAAcpD3

松下玲子/前都議会議員(武蔵野市)
Cn7d6AuUsAA0iEy

よく言われるように、民進党は帰化人等の団体ではないかという疑念はこんなものにも表れているではないか。

誰が応援しているのかが明らかだ。
日本の社会を『別のもの』に変えようとする勢力による身近な『浸食』には注意しないといけない。

 

TBSもこんなのを平気で流している。
63d92d7e

日本では深夜、大変な事件が起きたようだ。イズベスチヤでも速攻で記事になっている。
刃物(1本じゃ無理だ。複数だろうな)で19人刺殺、さらに何十人も重軽傷。ISも驚くだろう。
犯行を一人で行うのは尋常な体力、精神力ではないとは思うが、凶悪さと植松聖などという名前からみてまた似非日本人か・・・。
何が事件の背景なのか不明だが、20代で最低賃金、しかも障害者施設勤務。それだけでも楽しそうな人生は想像できない。
アメリカの銃社会よりも病巣の深いのは日本かもしれない。


Led Zeppelin III今日の一曲
1970/10 Led Zeppelin “Immigrant Song”(移民の歌)
Album: Led Zeppelin Ⅲの1曲目

※この『移民』はバイキングのこと

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

カテゴリー: 雑感, 迷惑な隣国, 海外 タグ: , , , , , パーマリンク

傍線に見る『浸食』 への2件のフィードバック

  1. 民主党の戦争法案反対ポスター「いつかは徴兵制」に書かれた幟旗イラストはちょっと見には判らぬハングル文字で「九条君入営」の草書体でした。なんでポスターにこんなハングル文字を書くんだ、という党内右派の抗議で「〇△君入営」の漢字に修正。静かな反韓の中で、半島勢力は執拗にどんどん侵食して来ています。本当に酷い。そして、怖ろしい。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中