No Way! ~稲田防衛大臣~

今、こんな危機的な状況で稲田朋美の防衛大臣起用はあり得ない。
稲田の潜在的な将来の首相への可能性、弁護士としての肝力の強さは評価されると思われるが、まさに東シナ海で行われている支那の軍事的挑発は報道されている以上の脅威であることは知っている人はしっかり理解しているはずだ。
何か偶発的な事故でも起きれば、局所的とはいえ日米vs支那の武力衝突は避けられないはずで、支那側の拒否で緊急時のホットラインさえ満足に敷かれていない状況で日本の防衛を担うにはもっと知識・経験の点で相応しい人材がいるはずだ。
小池都知事誕生で、それに対抗するかのようなタイミングでの注目集め的人事ではあまりに安易かつ国防を軽視しているとしか思えない。

支那の挑発はどんどんエスカレートしていて、多くの識者が指摘するように支那は『日本からの一発目』を誘うように行動しているではないか。
1日の演習は、東シナ海を管轄する東海艦隊に加え北海艦隊と南海艦隊の艦艇計100隻以上が参加した実弾演習だった。
こんな場所で漁をしている日本の漁民はいないだろうが、すぐ近くには日本人の住む島々があるではないか。
日本のマスコミは全て大本営発表を垂れ流すだけで、実際に先島諸島からの現地取材や報告はほとんどないため、何が起きているかをリアルタイムに知る術が無い。
官邸は相変わらず支那を刺激しないようにといった配慮で、自衛隊機へのあからさまな挑発などを『無かった』と発表している。
国民に動揺を与えないようにする配慮は結構だが、既にそういった時期は過ぎているのではないか?
このままでは、何らかの事故・衝突があっても『軽微なインシデント』等で発表される可能性がある。(例え自衛官が死傷する事案でも)

稲田朋美が小池百合子のパスに負けず劣らずの『初の女性●●』といったキャリアを重ねているのはよくわかるし、歴史観の点では小池百合子よりも強烈なブレないものを持っているとは思うが、昨年10月のCSISでの講演での憲法改正に関する『ん?』と思う内容と、だんだん将来の首相候補と持ち上げられる一方で経済面の施策では全くダメだなという印象は筆者的には少々残念が続いている。CSISでの講演は小池百合子も2007年に行っているが、こちらもジャパンハンドラー達への顔見世興行的なもので中身はあまり無かった。(“マダム寿司”の滑ったジョークだけ)

何しろ英語を話せないのは拙い。
やはり防衛相や外務相は通訳なしで同盟国の同ポジションの人間と話が出来ないと拙い。
岸田外相は片言だが英単語は口から出るらしいが、稲田の場合は全くだそうだ。
これは拙い。ニコニコしていれば良いというわけにはいかない。
緊急時のホットラインでも通訳無しで丁々発止の会話を出来ないようでは・・・国が危ない。
日本は、アメリカ以外にも英独仏豪印露等と2プラス2の協議を持っているが、少なくとも世界共通の作業言語である英語が不自由では信頼関係も醸成できないだろう。

日本が近隣からの軍事的脅威を全く受けていない、あるいは強力な防衛対策(例えば核武装)でもあるなら戦時状態になりにくいという意味で”平和”と言えるだろうし、その平和な状態であれば、女性が防衛大臣であっても何ら問題はないと思う。
しかし、『いざ』という有事が決して絵空事ではないのが現在の日本ではないのか?
boudica-252247_960_720残念ながら現在の自民党で、軍事、戦略、外交に長けた人材は男女を問わず豊富とは言えないというよりも限定されている。女性では宜なるかなである。
稲田朋美がどんなに肝力があるとしても、ローマ時代のケルト人イケニ族の女王ブーディカ(Boudica)のような強さは期待できないだろう。(軍人としてではなく政治家として)

ちょっとスキャンダルがありそうだが、ASKAの件も落ち着いたことだし、小野寺五典の再任で十分ではないか。
それにしても、ほとんど留任で内閣改造の意味があるのか? 稲田朋美は法務大臣で十分だろうに・・・。在日凶悪犯の死刑囚の執行を粛々とこなすには適任だ。


kiss-i-was-made-for-loving-you今日の一曲
1979/5
KISS “I Was Made For Loving You”(ラヴィン・ユー・ベイビー)
※イスラエル生まれのジーン・シモンズは66歳、未だ現役の元気なお爺ちゃん


ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

カテゴリー: 迷惑な隣国, 国政・国会 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

No Way! ~稲田防衛大臣~ への2件のフィードバック

  1. 反中かーさん より:

    お久しぶりです。
    最近、管理人さんは「女性」に関する記事が多いなぁとニコニコしながら拝見しています。
    何でもかんでもとりあえず女性にしておけば…みたいな風潮はちょっと違和感があります。

    稲田さんは私も好きな政治家ですが、防衛大臣はどうでしょうか。
    毎年の靖国神社参拝(伝統と創造の会)もどうするか注目ですね。

    秋田は北朝鮮の実験ミサイルが間違って飛んできそうな位置にありますが、お殿様は非難のひの字も発言しませんね。ここにも危機感の無い人がいます。

    来春の知事選、誰か女性が立候補しないかしら。できれば市長も。

    PS.
    KISS、懐かしいです。T-レックスなどというのもラジオでよく聞いていましたから、管理人さんと同年代なんでしょうね。

    • argusakita より:

      こんばんは。

      女性に関する記事多いですかねぇ・・・。(^^;) 女性、好きですから(^^)。

      ウチの社員さん(アジア系はいませんが)に4人(11人中)女性がいるのですが、勝手な思い込みかもしれませんが、比較的明確な目標・課題がある場合は女性は間違いなく活躍します。
      逆に新規に目標を設定したり課題を絞る場合は男のほうが力を発揮するので、結構意識的に使い分けています。

      今の日本は明確な課題が山のようにあります。だから『女性の時代』だと感じています。

      でも、
      >何でもかんでもとりあえず女性にしておけば…みたいな風潮
      全く同感です。
      『女性が活躍する社会』の捉え方がどうも違うようです。

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中