【問合せ】秋田を紹介する動画

ひょんなことで知り合ったクロアチア系オーストリア人のM氏に『秋田ってどんなところ?』と聞かれてドキッ。
秋田犬の存在をどこかで知ったらしく、さほど犬には思い入れが無いものの、それを生み出した秋田という地域に興味が湧いたらしい。どうも、滅茶苦茶自然が豊かな地域だと思い込んでいるらしい。クロアチアもオーストリアも自然は豊かだが、片方は山が、片方は海が無い。確かにアルプス級の山は無いが秋田はあれこれ揃っている日本でも珍しい地域だ。

筆者は小2~高3までと28歳~35歳(主要な拠点の意味で)の期間秋田で暮らし、お世話になったが、仕事の都合で徐々に軸足を海外に移したので、1年の半分ほどが1/3に減り、現在は時々行くぐらいになった。
子供の頃は県内あちこち出かけた記憶があり、夏冬のメジャーな祭りなども大体は頭に入っているし、海・山・川・湖の季節ごとの観光スポットも把握しているつもりだが、最近はそれぞれが観光資源として何を売りにしているのかまでは十分に知っているとはいいがたい。
あれこれ言葉や写真、テキストで説明するのは面倒だし、その素材もなかなか得にくい。
秋田ファンドットコムという秋田県観光連盟のサイトを見ても英語版のページはいきなり右側のあきたびじんのYouTube動画が、<この動画は非公開です>と膠も無い始末。こういうのを放置する感覚が一般人から見て『公金搾取だろう』と思われて当然。
公金無駄遣いのおざなりのやっつけ仕事サイトなのは理解できるが、少々酷すぎる。
日本人対象なら、イベント、場所ごとにcontactの住所、電話があったほうがより親切だろうが、国外の人間にはほぼ無意味な情報。ワンストップで<contactはここ!>という1か所のcontactがあるほうが使いやすいはずだ。
さらに英語版では歴史や文化、祭りの背景・意味のような解説記事はほとんど無く、住所、アクセス方法、問い合わせ先(電話番号に+81もない不親切さ)しか無い。
何故かおまけのように付いているタイ語のページはFacebookに飛ぶあたりは、相当に対象を限定したもの(&頑張っている人が極少数)なのだろうと理解するしかない。独・仏・西あたりを追加できないか?

話が逸れたが、要するに動画を見てもらうのが一番手っ取り早い。

秋田を紹介するベストな動画はありませんか?

無論、英語のキャプションやナレーションが付いていればワンダホーだが、とりあえずはアール・クルーあたりのBGMで秋田の自然(四季)や祭りや街並み(角館ぐらいか?)を紹介する高画質な動画。
そんな動画はどこかにありませんか?(有料無料を問わず)

例えば、BBCのような人と金をかけた日本紹介動画は、こんなクオリティ。

ウィーンの映像制作集団Filmspektakelが手掛けたものはこんなものが多数
世界中の多くの人がこんなクオリティに目が慣れているのである。(ここのはさほど莫大な額の制作費は使っていないのが知られている)

素材なら、秋田は勿体ないくらいたーっくさんあると筆者は確信しているのだが・・・。
美工大あたりの学生さんはこんなのは扱っていないのだろうか?

ということで、お薦めの動画の在り処をぜひお教えください。
(URL等をコメント欄に)


faith-hill-there-youll-be今日の一曲
2001
Faith Hill “There You’ll Be”
ご存知2001年の映画『パールハーバー』の主題歌。個人的には映画そのものは日本軍の描写が滅茶苦茶で、山本五十六も猿みたいな俳優(マコ岩松、アメリカでは人気有り)で気に入らなかったが、音楽だけは素晴らしかった。映画は2001年のアカデミー賞では音響効果賞を受賞。Faith Hillは元々はカントリーの歌手。だんだんポップスに変わったが、やはり美人は得。目一杯歌うボーカルは聴きごたえがある。
アンジェラ・アキの『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』が似ているのは気のせいか。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

カテゴリー: 県政・市政・議会, 祭り・イベント タグ: , , , , , パーマリンク

【問合せ】秋田を紹介する動画 への8件のフィードバック

  1. ブルーベリー より:

    映像クリエイティブ集団 「augment5」 が秋田県のPR映像を3作制作。
    http://news.livedoor.com/article/detail/11114029/

    • argusakita より:

      ありがとうございます。

      なかなか奇麗な映像で、製作者の伝えたいものは何となくわかりますが、おそらく日本人の都会生活者向けメッセージなんでしょうね。
      日本の文化や気候についてほとんど知らない外国人が見て興味の持てるものはないでしょうか。

  2. おおつか より:

    佐竹知事が来春の知事選に「少なくとももう1期務めて道筋をつける必要もあるのかな思う」と出馬の意向を示したみたいです。
    道筋をつけるどころか道を壊してきた人だし、民意をくみ取れないような人が、まだ知事をやろうとしてる厚顔無恥にあきれるどころか怖さすら感じます。ちなみに民進党が対抗馬で、この夏に参議院議員を引退した寺田典城氏をかつぐようなことがあったらお笑いですね。笑えないですけど…
    私は寺田前知事も評価していないので、秋田の失われた20年(寺田12年・佐竹8年)が失われた24年にならないことを祈るしかないです。

    • argusakita より:

      2013年に、

      こんな公約の候補に出てきて欲しい ~秋田県知事~
      こんな公約の候補に出てきて欲しい ~秋田市長~

      と落書きしていました。
      何も変わっていません。財政面で、もう変えられないでしょうね。
      次期はせいぜい文化施設のハコモノ1つで終わりそうです。
      4年後、財政面で予想しても秋田市も秋田県も結構悲惨な状況になるはずです。(他の市町村はもう少し早いかも)

      殿様は健康面で不安があるのでは?

      しがらみのない落下傘候補を公募して皆で審査決定してその人を応援する集まりでも作りたいものです。

      • おおつか より:

        「こんな公約の候補に出てきて欲しい」読みました。
        そうのようになれば秋田は良い方向に動き出すことができそうですね。
        秋田市長も予想通り、3選を目指すようです。
        この先、10年くらいが秋田にとって本当の勝負どころだと思います。その勝負所で、秋田県の核である秋田市の市長が穂積市長ではこころもとないというか、乗り越えることができないでしょうね。
        民進党もまともな候補者を立てることができないでしょうから、秋田の行く末が心配です。民進党ほど信じられない党もないですし、もとから期待もしてません。
        まずは秋田に必要なのは「やる気」だと思います。
        政治家や役人もですが、県民も覚悟を決めなければならない時期が迫ってきているように感じます。

        • argusakita より:

          全くその通りだと思います。
          殿様も行灯も2期やって首長の評価は2点に尽きます。
          ・人口が減った
          ・商業地の土地価格は下落した
          全国と同様という言い訳はダメです。減少幅、下落幅が全国最低ですから、落第です。
           
          経済成長は望めなくとも『発展』は可能かもしれないし、せめて維持して欲しいですよね。
          ただ、既に県全体では65歳以上が3人に1人、秋田市でも(全国平均並みの)4人に1人になっていて、若い人や現役世代が覚悟を決めても山は動かないかも。

  3. めんめん より:

    はじめまして。
    関西出身、秋田在住の者です。
    ブログをいつも楽しみにしております。
    なかなか欧米人向けの動画はないですが、こちらはいかがでしょうか。

    • argusakita より:

      ありがとうございます。こんな感じがまさに漠然とイメージしていたものです
      漢字から見て台湾向けでしょうか。

      これに竿燈、大曲の花火、男鹿の夕日、十和田湖、秋田犬、犬っこ祭り、鳥海山、白神山地、花輪囃子などを加えて10分程度のものが欲しいです。(欲張りでしょうか(^^))

      やっぱり、決定版『秋田』英語版ぐらいはどこかで誰かが作らないといけませんね。
      来年、ヒマになったら帰国して作ろうかな・・・。冬の祭りから始めなきゃ。
      でも、絵心無いしなぁ(^^)

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中