次世代を作らない・育てない者は社会保障低減も止む無し

ここのところ立て続けに厚労と農水関連でどこかに痛みを伴う改革(?)が相次いでいる印象だ。特に厚労省管轄の社会保障や医療に関連するものだけでも、年金給付抑制、スイッチOTC減税、オプジーボの薬価の緊急半額化、年寄りの高額医療費負担引き上げと一見すると年寄りいじめにも見えるが、若者目線で見れば当然でもっと厳しくやれということになるだろう。
日本の社会保障(医療、介護、年金)はこのままでは2025年に間違いなく崩壊に近い状態になることは以前も何度か書いたが、残り9年、安倍政権という稀に見る高い支持率の政権の今こそドラスティックな改革が期待される。
現政権の支持率は60%程度だそうで、10%台に落ちた宇野内閣(少々特殊か)と比較してまだまだ余裕だ。(^^) 隣国など4%になっても居座っている。

今は農協がターゲットになって『改革』と称して政府と農協の熾烈な闘争が続いているように見えるが、次は医師会・歯科医師会がターゲットだろう。
筆者の親戚には医者・歯医者が何人かいるため、その長老などから話を聞くと日本の皆保険制度は本当に良いものかどうかが疑問に思われる時があるそうだ。
その長老によれば、皆保険制度が始まった1961年以前は、医者・歯医者はまともに食えない職業の一つだったようだ。薬剤は高価で、払えない患者は野菜やコメを持ってきた時代もあったそうで、それすら払えない患者は死を待つのみというのが普通だったと。
皆保険制度によって、そういった患者は少なくなり、同時に医者・歯医者も食っていけるようになったと。食えなくても医者をやっていた『赤ひげ』もいたわけだ。
結果、国民の健康は公衆衛生も含めて向上し、寿命も世界一まで延びた。一方では、医者は金儲けのできる職業となり、何故か社会的ステータスが上がり、同時に消費も生産もしない年寄りの寿命が無駄に延びたため、植物状態で生かしておくといったある意味まともな医療とは趣の異なる状況を生み出した。また、待合室をサロン代わりに使う元気な年寄りが、老化を病気として申告し、医者もそれを『治療』するというおかしな状況になった。

要するに皆保険制度を惰性で続けた結果、医者の収入感覚(診療報酬という公定価格)や患者の意識が麻痺してオーバーシュートした状態となり、いつのまにかそのツケが社会保障を支える若者や現役世代の大きな負担となってしまったのだ。
医療費だけを見てもこの通りだ。長寿命などもはや誰も褒めてはくれないが、それによって発生する巨額な年金は確実に日本社会と現役&将来の世代の足を引っ張っている。

最近は、都会の歯医者の一部では破綻する者もいるが、全般的に医者・歯医者(特に開業医)は高収入で、それが社会的ステータスと思っている勘違い野郎が大多数だ。
診療報酬や薬価をすべて半額ぐらいにしても、おそらく医者・歯医者の収入はサラリーマンの管理職程度は確保されるはずで、高支持率の政権のうちに診療報酬と薬価の低減をぜひ実現してもらいたいものだ。同時に、自由診療の解禁も実施し、ヤブ医者は淘汰されるような仕組みも大切だ。
学歴はさておいても、患者の顔を見ずに電子カルテだけを眺めながら、薬剤の処方だけで日々暮らすような内科医などは評判等でどんどん淘汰されるべきで、近い将来、処方だけの内科医などはAIに取って代わられるに違いなく、そんな医者も含めて一律に公定価格の診療報酬で保護する必要などない。
医師・歯科医師としてモラルの高い職業意識のある者、サービスのまともな医院・病院だけがそれに見合った報酬を得られるようにすべきである。(やる気のあるプロ農家にだけ支援をというのと同様)

clinic一方で、少々具合が悪いくらいで医者通いをする患者(似非患者)側にも気楽に待合室をサロンとして使うのをやめさせる方策が必要だ。
その意味で医療費の自己負担を大幅に増やすのは確実に効果があるだろう。
例えば、秋田市などでは理学療法(いわゆる電気をかける奴)で1回100円や200円が自己負担だが、そのために数千円のタクシーを往復利用(保険対象)するといった年寄りがごく普通にいる。待合室で誰かと話をするのが主目的と言っても間違いではない。
確かに、その行為で医者は売上を得て、従業員に給与を支払い、タクシーも売上が発生するため経済効果はあるだろうが、巡り巡ってそのマネーは国か自治体が出してくれるわけではなく、どこかの若者・現役世代が負担しているのである。
これが、患者側が少なくて負担する側が多い時代は十分成り立っただろうが、現在はその割合が制度上の限界が意識されるほど拮抗している。成り立つ訳がない。

年金も賦課方式のため、若者・現役世代は『支え合い』といった美辞麗句が嘘であることに気づき、現在は一方的な世代間搾取と捉えている人が多いはずだ。
要するに年金税を払う側が少ないためにこうなるのだが、年金受給者を減らすには安楽死や尊厳死を認める(筆者はこの案に賛成だが)以外に無く目先当分は非常に困難だ。
やはり、年金税を払う側を増やす以外に無い。
子供を産む・産まないは個人の自由だが、養子でも何でも『次世代』(将来、年金を負担する世代)を作り、あるいは育てない人には多めに負担してもらうのが公平なはずだ。
LGBでも何でもいいが(個人的には気持ち悪いだけ)、次世代を育てる義務的なものはあっても良いはずだ。社会的に認められる方向ならば猶更その義務的な意味は強い。
例えば、40歳までに子供や養子といった次世代のいない人を基準(1)に、1人いる人を0.7、2人いる人は0.4、3人いる人は0.1程度の負担軽減割合にして人口増を誘導すべきだ。
結婚して子供を作ったほうが独身でいるよりも経済的にはずっと得という状況を作らない限り日本の少子化は改善されることはない。それでも独身がいいという輩は将来の社会保障に対してはそれなりの自己負担をしてもらう必要があるはずだ。

子供や養子は要らないなどと言う輩を将来の社会保障にタダ乗りさせてはいけない。
同様に現在の年寄りでも若い頃ロクに負担してこなかった世代は給付を少なくすべきだとは思うが、そこには生存権のスレッショルドがあるだろうし、年金+α(生活保護的なもの)で対応すべきだろう。

医療費、年金・・・、明日は我が身(筆者も年金受給まで10年を切った)だが、子供たちの世代を考えると、痛みは我々世代(以上)が引き受けるべきではないか? そこそこ暮らせりゃいいっしょ!?
残された9年間で高支持率の安倍政権がどこまで痛みを伴う改革をやってくれるか、筆者は期待している。


今日の一曲
2006
Crazy Frog – Last Christmas
今月は、そろそろ泣ける曲はお仕舞にして、クリスマスソングでも。
Wham!のカバーだが、オリジナルはここTaylor Swiftのカバーはここ。
Crazy Frogはドイツの着信メロディ配信会社Jamba!のマスコット。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
(blog rankingに参加。ご協力を。Click it!)

カテゴリー: 社会・経済, 国政・国会 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す(短めにどうぞ)

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中