Twitter・電話外交、価値観外交

大統領に就任したトランプが既存メディアを嫌悪し、その代わりというわけでもないだろうが、Twitterで呟くため、各国メディアが取り上げ、そのTweetで株価が動き、さらには公約のメキシコとの国境に設置する壁を巡ってメキシコの大統領と鞘当てするまでになっている。
もし壁が完成したら『ポリコレ終焉』を記念して世界遺産登録を申請すべきだろう。

トランプ『壁を作って費用をメキシコに払わせる』
ペーニャ・ニエト『払わない』
トランプ『払わないなら関税を20%にする』
ペーニャ・ニエト『首脳会談に行かない』
これらが双方Twitter上で行われ、世界中のメディアのみならず一般人も眺めているという事態。これは新しい外交のスタイルなのか? (写真はTHE DARK ROOMより)
そのうち、NYSEにもトランプのTweet専用のディスプレイが設置されるかもしれない。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク