日本の教育システムは激変するか(2) 高等教育・職業教育

最近の日本では、経済格差が教育格差を生み、それによる貧困のスパイラルがどうのという議論が目につく。進学を希望する若者は全て無償で大学まで行けることが重要といった論調に大きな違和感を持つのは筆者だけだろうか。
字ズラだけ見れば全くその通りなのだが、猫も杓子も大学に行くその先にあるものは、やはり卒業大学のランキングや勉強した内容の充実度の差、大学で醸成された人脈の広がりや豊富さの差が現実にあるわけで、競争社会を生き抜くために他者と差別化するために大学に行ったはずが、全くそれとは別で高給も正規の定職も保証されていない現実に困惑・挫折することになる。そんな現実に国民も全く目を向けていないように見えるのだ。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク