企業誘致とベンチャー

先週、知人から『あそこ、だいぶ迷走しかけてるな』という話を聞いた。あそことは秋田県・市の認定誘致企業の創薬ベンチャー、UMNファーマである。
秋田市御所野に本社を置き創業(2004年)、現在は秋田本店、横浜本社である。秋田県では数少ない上場企業(マザーズ)だ。
2009~2010年に世界中を襲ったインフルエンザ(世界的には豚インフルエンザ、日本では新型インフルエンザ)は日本でも大きな脅威とされ、当時はワクチンが化学及血清療法研究所(化血研)、北里研究所、デンカ生研、阪大微生物病研究会の4団体・企業しかなかったため、量の確保が問題だった。そこに量産、しかも鶏卵を使わない細胞培養ワクチン(アレルギー無し)ということで投資家達も色めき立ったようだ。
このUMNファーマが2016年12月期は141億円の赤字となり債務超過に陥ったそうだ。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク