テレビ受難の時代か視聴者受難の時代か

少し前の話だが、ソフトバンクが3月からスマホやタブレット向けの有料スポーツ中継サービス『スポナビライフ』を始めた。
目玉はバスケットBリーグ1部の全試合の生中継なのだが、4年間で120億円という放映権契約らしく、ソフトバンク以外の他社携帯の利用者向けは月額3,000円でソフトバンクユーザは500円という価格差を付けたサービスである。
バスケット自体の人気は国内でどれほどのものかよくわからないが、少なくとも秋田のように地元にチームがあるところは応援するだろうし人気もそれなりにあるだろうが、3,000円と500円では可処分所得の少ない地方での娯楽にしてはなかなか刺激的な価格設定かなと感じる。
スマホ市場もほぼ飽和し、どんどん格安SIMやMVNOに流れる今、ソフトバンクのようにコンテンツで差別化を図ってユーザ囲い込みを狙う手法は果たしてどれだけ受け入れられるだろうか。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク