消滅予定自治体でのBI実験はやってみる価値はある ~秋田県内市町村~

前の記事で、世界のBIの社会実験を俯瞰したが、オランダのようにTen Boerのように人口7,200人規模でもその気になれば実験は可能だ。無論、中央政府と州政府の関係は日本の中央政府と地方自治体との関係とはだいぶ異なるが、数年間の期間限定や地域限定を行えば日本でも社会実験は十分可能性がある。
例えば、残念ながらあと10年か15年で消滅が既定路線となっていると目される秋田県の上小阿仁村や東成瀬村や藤里町あたりで、大胆にBI導入の社会実験を実施してはどうか。
これは、どうせ失敗しても消滅する自治体だから影響が小さいというわけではなく、ひょっとするとBI導入によって劇的な地域の再生が可能になるかもしれないからだ。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク