改正刑法の実効はあるか?

レイプは相手の人間としての尊厳を棄損する重大な犯罪である。これは大前提。
しかし、今回110年ぶりに性犯罪に関する刑法の見直しが行われ13日施行されたが、名称の変更や厳罰化や親告罪ではなくなったことで果たして被害の実態が明確になるのか、またその法律が抑止力となり性犯罪が減るのかといった実効性に疑問を持つのは筆者だけではないように思える。3年後に見直しというあたりが、どうも建付けの悪い法律の予感がする。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク