経済優先と言っておけば支持率は回復するか

第3次安倍第3次改造内閣の顔ぶれが揃って、あまり失言の無さそうな無難なメンバーのようにも思える(唯一野田聖子あたりが閣内不一致をやっちゃいそうな予感はする)。
実務派を揃えたとか言うのは主要閣僚は留任や復活で経験者を登用したのだからいわばリユース内閣なのだろうが、きちんと様々な大問題に正面から取り組んでもらうなら誰も文句はないはずだ。
国政の政治屋で数少ない原稿無しで英語が話せる河野太郎が外務大臣ということだが、親父の洋平の禍根を払拭できるかどうかに国民は注目するだろうが、同じように支那や朝鮮も洋平の息子ということで逆に注目していることだろう。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク