少々呆れる日本のマスコミの内向性と意図

ここ1週間程の間に日本では夏休みムードも終わり、(おそらく)民進党最後の代表戦も行われたようだが、ニュースサイトなどをザーッと見ると国際的な記事が実に貧弱というか、まるで恣意的に国際的なニュースを(トランプ以外は)報じないようにしているのではないかとさえ思える。(TVニュースは見られないため知らないが)
日本のマスコミ、メディアの取材力が貧弱なのは今に始まったことではないが、北朝鮮のポンコツミサイルの発射、上空通過、落下とそれに対する政府首脳の『遺憾』『断じて許容できない』くらいしか報道されないのは極めて異常というか国民の関心や知る権利などそっちのけというのが日本のマスコミの現在の姿勢なのではないだろうか。
英国メイ首相訪日、互いに核を持つインドと支那の一触触発状態(8月28日に何とか衝突回避)、BRICS会議(9月3日~5日)などについて突っ込んだ記事が大手紙でもほとんど無い。
少々異常ではないか?

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク