北方領土・平和条約締結はアメリカ次第

7日の日露首脳会談の際に安倍首相は嘉納治五郎の『精力善用』の書を贈り、反対にプーチンは名刀村正の短刀とティーカップを贈ったそうだ。プーチンは書を『素敵な贈り物だ』と言ったそうだが、安倍首相が短刀とカップに何と感想を言ったのかは不明。(こういうところで教養やジョークのセンスがわかるのに)
基本的にロシアでは時計、ハンカチ、ナイフなどは他人への贈り物にはしない。特にナイフは相手が味方ではない(敵!!)という明確な意思表示であり、普通ならとんでもないのだが同時に贈ったティーカップというのも意味深である。
戦いを選ぶかお茶を飲むような対話を選ぶか決めろと言われているかのような贈り物。
しかも今上にも流れている血である徳川が最も怖れ忌み嫌った村正。日本通のプーチンにはあっぱれだが、なかなか解釈の難しい贈り物ではないか。
日産のCMのように『やっちゃえ、アベちゃん!』という訳でもないだろうが・・・。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク