ロシアの経済制裁と食べ物

ロシアがクリミア問題で経済制裁を受け、その対抗措置として欧州各国やアメリカ・カナダ・オーストラリアなどからの農水産品の輸入を禁止してからほぼ3年、当初は乳製品や肉類や野菜や果物などあらゆる食料品が高騰し、ホテルの朝食ブッフェなども少々メニューが減り雑なものになった印象の時期もあったが、現在は価格こそ高止まりしているものの物資の不足はあまり感じられない。(というプロパガンダも多少はあるが)
これは、輸出国である近隣諸国(ポーランド等)が音を上げて公然と迂回輸出をしていることやベラルーシ等で生産輸出をしていることに加え、ロシア政府も国内生産を奨励すつようになったことが理由だろう。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク