背伸び日本経済の限界が支那による経済侵略を招く

昨今の日本経済の特徴は、大企業の不祥事(東芝や神戸製鋼のような犯罪も含めて)事案を見てもわかるように、なりふり構わない株価維持と従業員の雇用(と生活)維持が優先され、企業の本業による営利追求や社会貢献などはグッと優先順位が低くなっていることで、コーポレートガバナンスやリスクマネジメントやコンプライアンスやアウトサイド・ディレクターといった『輸入品』(概念)は絵に描いた餅でちっとも機能していないことがだんだん表面化している。カタカナが適当な日本語になっていないものは総じてそんな印象だが・・・。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク