改めて戦後レジームを考える時期ではないか?

海外に長くいると日本以外のメディアを通して日本や日本人を見ることができるが、中には大きくハズしているなと思うものもある一方で、外国からは日本という国はこう見られていると再認識することが多く頷くこともある。
例えば、日本にいると日本は確固たる独立国家であり経済大国であるという自負を少なからず持つこともできるが、他国から見ると日本は独立国家風な仕組みを持つものの実際はアメリカの属国あるいは特殊な自治区あるいは飛び地的なものと見られていることがあるのを感じたりする。(劣等感というわけではない)

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク