日本の脱力『おもてなし』がイチバンだった

トランプの極東歴訪で日鮮支の違いが明確に出たのがなかなか面白かった。
隣国北の脅威とは何だろうと思わせるような脱力感さえ漂う日本の『おもてなし』、竹島や戦時売春婦で政治利用しようとした南朝鮮、建国68年を3,000年と強烈に盛ってアピールし自らを皇帝であるかのように振る舞いヘゲモニーで肩を並べようとした支那
それぞれ現在の置かれた立場や環境を如実に表した歴訪だった。(敬称略)
 
続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク