朝鮮の浸潤(4)

バブル時代前後のマネーゲームやサラ金地獄、パチンコ・スロットによる依存症増加(これも結局はマネー)などはほぼ全部朝鮮人の仕業と見て大方間違いない。資金獲得と日本人の愚民化の目的のための同時進行である。
裏社会では人身・臓器売買、金塊密輸、AV産業、宗教などの地下経済で影響力を発揮し、それらの収益が間接的に反日運動等に振り向けられていたことは想像に容易い。金は金のある所に集まるものである。
現在でも元武富士の会長の妻(未亡人)やパチンコ産業のトップがフォーブスの資産家ランキングでの常連であることなどは、法治国家とは手の届かない範囲を自ら作る忸怩たる仕組みであると誰もが感じていることだろう。
在日の資金力がピークに到達したのがバブル後だろう。

続き(有料)を読む → (登録後に)loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
login画面からの登録手続きはできません。
※gmailからのメールが届かない携帯メールアドレスは登録に使用できません

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク