秋田県は禁煙より飲酒量低減が優先では?

秋田県では新年度から県職員の禁煙治療をサポートするための助成金を大幅拡充し県職員から禁煙の取組みを広げることにしたそうだ。
具体的には、地方職員共済組合秋田県支部の共済費を財源にし、医療機関で禁煙治療を受けた場合、現行の上限1万円(治療費の1/2補助)を新年度からは上限1万5千円(同2/3補助)に拡大するのだそうだ。
そんなに禁煙が大事なら、面倒なことせずに、単純に喫煙者は人事評価を下げたらいいだけではないか?(^^) 優しいなぁ。

続き(有料)を読む → (登録後に)loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
login画面からの登録手続きはできません。
※gmailからのメールが届かない携帯メールアドレスは登録に使用できません

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク