やたらと『文民統制』を声高に叫ぶ輩は要注意

続々出てくるPKO日報問題で政治、特に国会は混乱しているようだが、よく見ると野党が騒いでいるのとそれを楽しむかのようなマスコミの扱いに乗せられたお花畑や反日勢力の便乗騒ぎのようでもある。
一方では昨今の自衛隊ヘリコプターの墜落や緊急着陸といった防衛装備の不全(予算不足?)ともみられる事故が相次ぎ、日本ではいわゆる『文民統制』が機能しているかどうかが大いに疑問である。
平時とはいえ、半島や尖閣で何かの事故がきっかけで武力衝突に巻き込まれたり当事者になる可能性が確実に存在する今、政治も軍(自衛隊だが敢えて軍と呼ぶ)も文民統制以前の問題点まで劣化しているのではないか。
一体、誰がどのように日本国民の生命と財産を守るのか。理念や掛け声だけで守れるなら世界中の国に軍などはそうそう必要無い。

続き(有料)を読む → (登録後に)loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
login画面からの登録手続きはできません。
※gmailからのメールが届かない携帯メールアドレスは登録に使用できません

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク