南北統一に賛成することと実現に協力することは別

非核化、ミサイル、拉致問題と日本にとっては何も事態の変化は無いものの南北融和といったムードだけが先行し、半島の民族や在日朝鮮人達は幻想を抱いて騒いでいるようだが、融和ムードが先行しているだけに米朝会談の結果によっては劇的な展開が待っているかもしれない。(株価操作のように落とすために上げるといったような)
既に支那やロシアは自分達を無視するなとばかり、盛んに関与を要求しているが、アメリカという役者が違うものの1895年の独仏露による三国干渉を想起させるような状況になっている。
筆者は、南北統一といった事態はまず起きないだろうと予想している。

続き(有料)を読む → (登録後に)loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
login画面からの登録手続きはできません。
※gmailからのメールが届かない携帯メールアドレスは登録に使用できません

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク