経済面の対外政策のテコ入れが必要

民主党政権から安倍自民党政権になってから、日本政府は『地球を俯瞰する外交』のキャッチとともに首相自らのトップセールスを行ってきて、そろそろその成果の収穫期かと思われる昨今、成果どころか大型のものはほとんど立ち消え・立ち枯れで成果どころではなくなってきている。
海外にいる者から見ても安倍首相のように集中的・精力的に各国を飛び回った首相は歴代でかつて見たことが無く、対外政策(主に経済面)で大いに期待した部分もあったのだが、控えめに言っても色褪せてきている現状は非常に勿体なく、今こそ再度テコ入れが必要な時期ではないだろうか。

続き(有料)を読む → (登録後に)loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
login画面からの登録手続きはできません。
※gmailからのメールが届かない携帯メールアドレスは登録に使用できません

広告
カテゴリー: 雑感 パーマリンク