福島第一原発

汚染水除去システム
– ALPS(US Salt Lake City、EnergySolutions)

– イオン交換除去剤(フィンランド Fortum社(フォルトゥム))
CsTreat SrTreat NURES
Ionivaihdin Helsingin yliopisto Fortum säteily radioaktiivisuus
Fortum社とヘルシンキ大学で開発した顆粒(概略論文)

2012/4/24 フィンランドの電力会社が福島第一原発の汚染水に除染技術を供給

2015/9/22 さらに大規模な導入決定

 

福島第一原発 への1件のフィードバック

  1. argusakita より:

    汚染水処理は、東芝がALPSを導入し、そのALPSで除去出来ないものをフォルトゥム社に頼っている。東芝は単なるコーディネータか。粉飾決算でそれどころではないのか。
    GEを含めた原発関連事業を国有化してもいいのではないか?

    アメリカとフィンランドに協力を仰ぐのは悪いことではないが、4年以上国費で各種処理法のコンペまでやっているにも関わらず未だにフォルトゥム社のイオン交換剤に頼るのは忸怩たる思い。
    実際のフィールドが目の前にあるのだから、もっと国家的なプロジェクトで号令をかけるべきではないのか?

コメントは受け付けていません。