社会保障は感情論や思想ではなくお金の問題 ~日本病~

選挙が終わった直後に厚労省が、
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」へ転換を(NHK)
といった内容の白書を発表した。(こんな調子で今後あれこれ進んでいくのだろう)
選挙中も安倍首相はこの全世代型というキーワードを使っていたようだが、ひょっとしてベーシックインカムかと想像していたが、厚労省の白書では特にキーワードとしてクローズアップしているわけでもなく、どうもわかりにくいのが全世代型という玉虫色の言葉だ。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

広告
カテゴリー: 雑感

左利きとクロス・ドミナンス

日本では今日が衆院選投票日で、右だ左だと大騒ぎで投開票結果を待っているだろうが、日本に限らず先進国の政治の世界では、政治用語ではないがcross-dominance(クロス・ドミナンス:分け利き)が普通で政治は右、経済は左というのが普通だろう。
このクロス・ドミナンスというのは、書くときは右手、箸は左手と場合によって使い勝手が良いように左右を使い分ける状態のことで、どちらでもOKの両利き(ambidextrous)とは違う。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

カテゴリー: 雑感

大学入試に英語は必要か? やるなら日本人向きのIELTSでどうか?

相変わらず大学入試が混乱している。
・大学共通第1次学力試験(共通一次) 1979~1989
・大学入試センター試験 1990~
・同上 ICプレイヤーでリスニング試験 2006年~
・大学入試共通テスト 2020~
と変遷し、大学入学共通テストの英語について、国立大学協会が現行のマークシート式問題と民間の資格・検定試験の両方を受験生に課す方針だそうで、さらに国語と数学では記述式問題を導入するそうだ。
国立大学協会だの文科省の審議会の一つ『高大接続システム改革会議』あたりの英語も話せないような連中の喧々諤々の末の結論なのだろうが、徐々に共通一次以前の内容に英語リスニング&スピーキングが加わったものに回帰しているようでニヤニヤしてしまう。
議論しているエラい方々の食い扶持のための議論のような気もするが、とばっちりを受けるのはモルモットにされる18歳以降の若者達である。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

カテゴリー: 雑感

最近の大学を巡る動き

モリ・カケ問題で獣医学部新設に係わる文科省主導の行政の歪さにいよいよ焦点があたりはじめたかと思っていたが、メディアはそこではなく首相と業者の癒着疑惑や公有地売却に関する不透明さばかりを追い重要な焦点が意図的に捻じ曲げられている。(大学は特に地方では重要な広告スポンサーというのも理由か?)
公有地の売却や賃貸の際の不透明さといった案件は地方ではゴロゴロ転がっている。特にここ数年、風力やソーラー発電の用地に自治体の公有地(殆どが原野同然)が活用されることが多かったが、首長の鶴の一声や不透明さは枚挙に暇がないのではないか? 多くのメディアはそんなものは何故か知らんぷりである。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

カテゴリー: 雑感

日本の製造業、大企業はどこへ行き着くのか

神戸製鋼所のデータ改竄(改竄は子会社のコベルコ科研)問題は選挙中ということもあるせいか日本ではあまりニュースになっていないようだが、海外では各メディアが一面記事、トップニュース級の扱いをしていて、国内外の温度差がこれほど大きいニュースも久しぶりといった印象だ。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

カテゴリー: 雑感

『民主主義』と『スピード感』は相容れないものか?

希望の党(日本ではエスポワールとでも言われているのだろうか?)が『公約』として出してきた12のゼロに対するネットの反応が実に面白い。『ゼロ』を直ちにスピード感を持って実現できる可能性はゼロだと多くが反応している。『ゼロ』とぶち上げて突っ込みどころ満載の議論のポイントを目立たせる小池百合子の『かき混ぜ上手』の面目躍如といったところで本人はネットの反応にさぞやご満悦だろう。
実現可能性については選挙で多数派を取れるかどうかが前提で、公約だけを論じるのはナンセンスである。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

カテゴリー: 雑感

秋田選挙区、政権打倒ではなく『就活』が目的の候補者達

秋田県の3選挙区は残念ながらというか当然というか、再び自民党が1区、2区、3区を押さえ、希望の党は3区とも惨敗を予想する。それぞれの理由は後述。
幸運だったのは比例東北ブロック名簿1位の寺田学候補だろう。おそらく開票当日20:00には当確が出るのだろう。まあ、1区、2区、3区とも数分後には同様に当確が出るだろう。
都市型である1区で“あの”松浦大悟候補ではどうしようもない。
過去の言動と正反対のことを取ってつけたように突然主張するのでは秋田市の人々は呆れてモノが言えないだろう。こんな人物を国政に送ってはいけないし、公認した希望の党にはガッカリだろう。3区それぞれに共産党も候補を立てるようだが、供託金3×300万は目出度く国庫に行くだろうから大変結構なことだ。
過去の言動がテキストだけではなく画像や動画で検証できる現在、有権者を舐め切った候補者たちにはウンザリではないか。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

カテゴリー: 雑感

日本でBIを導入するとしたら・・・その財源やBIの額は?

希望の党がベーシックインカム(BI)というキーワードを公約に盛り込むそうだ。
財源は無論のこと、大幅な社会制度の改革と公務員の削減など、それこそ憲法改正に踏み込まないと実現は不可能で、既得権を手放さない“公的エスタブリシュメント”の抵抗は強烈だろうが、日本を持続可能にしていくためにはおそらく最後の手段と思われる。
BIに纏わる誤解や反対論者の観点はいろいろとあるが、一度、財源とともにそれらをまとめてみる。

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

カテゴリー: 雑感

ヒラリーの後悔 ~大統領選でBIを主張しなかったこと~

ヒラリー・ローダム・クリントンの3度目の回顧録(他は2003年、2014年)が出ているが、これがなかなか面白い。穿った見方をすると、回顧録でまた一儲けして再度大統領選に出るぞ(何しろ出版元ががヒラリーの出版社)という意気込みにも見えるが年齢的・体力的にどうだろうか。
この回顧録の中で、クリントンは大統領選において中間層の救済のために(アメリカ型の)ベーシックインカム(BI)の導入についてもっと積極的にアピールすべきだったと後悔しているという記述があるのが興味深い。(写真はペーパーバック)

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

カテゴリー: 雑感

予知できると言っていた学者は土下座したらどうか

最近、日本のニュース記事を眺めていて『えーっ!』と驚いたのは、気象庁が予知を前提としてきた東海地震の情報の発表を取りやめ、11月1日から南海トラフ全域を対象として、巨大地震発生の可能性を評価する新たな情報を出すことを決めたというものだ。
あれほど『東海地震だけは予知できる』と40年程言い続けたものが急遽『予知できません』に変わったのだからエラいことなはずなのだが、さらに驚いたのはその大転換をメディア各社はほとんど大きく扱っていないことだ。(TV等はわからないが)

続き(有料)を読む → loginが必要です

登録はここをお読みになり、
optionsforus21@gmail.com に 閲覧希望 と書いてメールを送信してください。
(携帯メールアドレスは登録に使用できません)

カテゴリー: 雑感