新聞記事

[2015/11/23] 中日新聞
稲田氏「福井の女性の素晴らしさ発信」

長谷川論説副主幹との対談だが、イマイチこの人は福井選出のローカル議員という印象。
経済政策で天下国家を論じる器では無さそうな印象が強くなってきた。
安全保障や外交だけ安倍政権を踏襲してもアカンのだがなぁ・・・。

[2015/11/9] 産経
稲田政調会長「南京大虐殺」登録に疑義 「真実か分からぬまま。手続きおかしい」

※先日のシンクタンクCSISでこの件(登録前)について一言言っておくべきだった。極東軍事裁判の部分否定にはなるが、それくらいのことを発言しておかないと存在感がない。

 

[2015/10/26] 産経
東京裁判検証に重ねて意欲 自民・稲田政調会長

「裁判の中に書かれている歴史的事実を含め、検証と総括をしたい。何を反省すべきか、将来に生かすことが必要だ」と述べたそうだ。日露戦争以降というが、シベリア出兵などもきちんと評価したら今まで知らなかった人も旧日本軍の所業を知ることになる。

 

[2015/10/21] 産経
自民、TPP対策本部を来週発足 本部長に稲田政調会長

経済分野でどれくらい動けるのかのテストか?
眼鏡だけじゃないからな。

[2015/10/12] 産経
内閣改造の目玉は「稲田朋美⇔甘利明」の入れ替え構想だった! 幻となったのはあの派閥の横やり…
“稲田氏の入閣構想には、思わぬ横やりが入る。震源は稲田氏の出身派閥・細田派(清和政策研究会)だった”

“党内で有力な「ポスト安倍」候補が見当たらないことも、首相が稲田氏の育成を急ぐ要因になっている”

相変わらず順繰り入閣の派閥政治か。
やっぱり経済産業関連のポストを経験しないとアカンと皆そう思っているということか。

——————————